週刊将棋ワンストップ2016年第22週号(5月25日~5月31日の出来事)

5月31日、佐藤天彦新名人が誕生しました。若い名人、なにかと大変だと思いますががんばってほしいです。

羽生三冠はもう数日後に棋聖戦の防衛戦が控えているんですね。棋聖、王位、王座と防衛戦が立て続けにあって相変わらずお忙しい。今年から叡王戦にも参加されますし。

5月25日

17歳の武富礼衣さんが女流3級に。佐賀市出身。中田功七段門下。中田七段は佐藤天彦名人の師匠でもあります。嬉しいことが続きますね。

あまり深く詮索しませんが、佐賀で武富家といったら名家のような気がするのですが、流れをくんでいるのでしょうか。

女流棋士の集合写真はいいですね。

5月26日

名人戦第3局は佐藤天彦八段(肩書は当時)が勝利。これで3連勝。

女流王位戦は、里見香奈女流王位が連勝。

山口恵梨子女流初段が女流二段に昇段。昇段がかかる一局で勝った相手は清水市代女流六段。

村山聖九段がとりあげられることが増えています。

大崎善生さんによる電王戦の観戦記が公開されています。大崎さんは「聖の青春」の作者ですね。

観戦エッセイも。

上村亘四段が叡王戦不参加についてブログで書かれています。

5月27日

主要国首脳会議(G7)が行われました。

オンデマンド書籍なるものが始まったようです。

ブラジルにある「将棋世界」。

5月28日

サカナクションさんが将棋動画(?)を公開。

5月29日

奨励会三段リーグ、注目の里見香奈さん、西山朋佳さん、藤井聡太さんがそろって5勝1敗。

5月30日

謎のフットサル企画が発表されています。

スペイン語風かと思いましたがドイツ語風なのかもしれません。

自分でメールする羽生名人。

5月31日

名人戦第5局は佐藤天彦八段が勝利。これで新名人に。

以下の朝日新聞デジタルの特設サイトは非常に良いです。対局の模様がタイムライン表示されています。棋戦ブログの上位互換といっては失礼ですが、動画などもあって充実しています。第1局からの分も残っています。

渡辺明竜王が、佐藤天彦名人に。

なお対局当日の朝は佐藤名人の服装なども解説。新名人誕生の記者会見で、質問した記者がこのブログを読み上げました。

恒例の、佐藤名人ご本人のツイート。将棋界の歴史上、名人がツイートするのは初だと思います。

この写真。

将棋界の2つのビッグタイトル、「竜王」と「名人」を分け合う二人がボールを追いかける。少し後ろに笑顔ながら闘志を燃やしているであろう、名人と同世代の広瀬章人八段。広瀬八段は佐藤名人より早くタイトル(王位)も獲り、A級にも上がりました。そして遠くで闘志を燃やす深浦康市九段。

翌朝。

上川香織女流二段が休場とのこと。

おわりに

名人戦が終わり、6月1日には順位戦が開幕。今期はB2以下はチェスクロック方式になったようです。B1以上はストップウォッチ方式が維持されると思われます。

名人戦は、1局だけ現地に行きました。大盤解説会は盛況で、ちょっと入るのが遅くなったら席はずいぶん後ろの方になってしまいましたが、楽しかったですね。

佐藤名人おめでとうございます。私自身は服とか無頓着なんですが来年は多少おしゃれして行こうかと思いました。

将棋ワンストップをご覧いただきありがとうございます。ぜひシェアをお願いします

記事の追記や更新の通知はツイッターで行います。フォローをよろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。