電王戦FINAL第5局PVに浦野真彦八段「すべてを引き替えにしてもいい将棋の魅力とは何だったのか」と少年期を振り返る

2015年4月11日に開催される将棋電王戦FINAL第5局、▲阿久津主税八段VS△「電王」AWAKEのPVが反響を呼んでいて、多くの棋士の方も言及しています。その素晴らしさとともに、棋士になるときに通ってきた道を改めて思い起こさせるようなPV。

「将棋を指し続け、そして死ぬ」
「街の将棋道場で天才と呼ばれ、10歳そこそこで勇んで人生を決めてしまいこの場所に集う」
「でもみんなで棋士になれないって知ってた」
「(奨励会を)退会をしたときは、何をしたらいいのかわからなくて」

奨励会あるある

とあるプロ棋士だと言われているツイッターアカウント・itumonさんは以下のように言及。

ああ・・・やっぱりスポーツの世界でもトップレベルは小中学校時代からお互いを知っているといいますが、将棋界でもやっぱり顔見知りなんですね。

阿久津主税八段、そんな熱い少年だったんですね。それで・・・

ハッシー!!itumonさんは奨励会の厳しさを以下のように述べています。

全国から天才たちが集まってきて、それで16人に1人・・・。

すべてを引き換えにしてもいい

もうひとつ、ぜひご紹介したいツイートがありました。「詰将棋指し」こと浦野真彦八段のツイートです。

ええええ!!!ルールを知って1ヶ月、10局も指していない時に・・・。それほどまでに将棋は魅力的なのでしょうか。

浦野八段といえば、「○手詰ハンドブック」シリーズの詰将棋の作家として有名。

私は浦野八段が「握り詰め」をしているのを見たことがあります。「握り詰め」は、駒袋に入れられた玉を除く将棋の駒を、見えない状態で適当に手で握って何枚か選び、その駒たちで即興で詰将棋を作るというもの。

私が見たVTRでは、ある芸能人の方が10数枚の駒を握って、その駒を見た浦野八段がものの数分であっという間に30数手詰めの詰将棋を完成させていました。

これはさすがに、おそらく他の棋士にもできない、浦野八段だけの特殊能力なのだと思います。10局も指していない子供の頃から、このような才能が自分に眠っていることに気付いていたのでしょうか。

浦野八段は、続けて以下のようにもツイート。

「すべてを引き替えにしてもいい」。すごい言葉です。それほどまでなのでしょうね、将棋の魅力というのは。そして実際に棋士になるというのは。

オチ

しかし、浦野八段は直後に以下のようにツイート。

詰将棋のような、意外性のある一手が飛んできました!

将棋ワンストップをご覧いただきありがとうございます。ぜひシェアをお願いします

記事の追記や更新の通知はツイッターで行います。フォローをよろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメント

  1. やったか? より:

    浦野先生は洒脱でいいですよね。またニコ生で元気なお姿を拝見したいです。

    • 管理人 管理人 より:

      コメントありがとうございます。

      「酒税」・・・お酒の税金がかな?とおもったら洒脱。そうですね、たまにはハンドブックを宣伝して欲しいです。

やったか? にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。