当サイトに対する誤解についてと、トップページリニューアルの件

管理人です。

前回は、当サイトにおける女性のアクセス比率が高い記事、男性のアクセス比率の高い記事をご紹介しました。ご紹介した記事は、いずれも当サイト平均よりアクセス数が多かったか、Twitterなどで拡散された記事です。

当サイトで女性のアクセス比率が高い記事、男性のアクセス比率が圧倒的に高い記事の例をご紹介します

当サイトの目的の一つに「将棋を広く知ってもらう」ということがあります。閲覧数の男女比率が、将棋ファンの比率と大きく異なるということは、将棋ファンではない方々、「普段将棋サイトなんて見ない」という方々に閲覧いただいたということが推測できます。そうやって普段将棋と関わらない人が関心をもっていただければ思っていました。

今回は男女比率でしたが、これに限らず、例えば年齢の比率とか、従来の将棋ファン層と違った層が閲覧していることが確認できれば、サイトの目的に少し近づけたと言ってもいいと思います。

しかしながら、そういう記事は、従来の将棋ファンの方からすれば物足りないかもしれません。

結果的に、私の記事内容へのご批判、書くべき棋戦や戦型の記事を書いていないというご指摘、そして「管理人がプロ棋戦の棋譜を見ていない」という誤解まで招いてしまうことになりました。私としても棋戦や棋譜とか戦型のことを記事にしたいと思うのですが、棋力の問題や時間の都合上でできずに申し訳なく思います。ただ、「管理人がプロ棋戦を見ずに将棋ニュースサイトを運営している」という誤解はとても残念ですので、どうすべきか考えていました。

このたび、サイトのトップページをちょっとリニューアルしました。

これまでトップページはほぼ全自動で記事を収集していましたが、私がピックアップしてご紹介する部分を増やしました。従来からの将棋ファンに満足していただけるような記事を書くことはできないかもしれませんが、そういう記事をご紹介することはできるかもしれません。トップページの頭のボックス部分は私のツイッター(@shogi1com)と連動しています。

良さそうな記事やサイト、ブログなどがありましたらご紹介いただくと幸いです。ただ、未成年でも安心して閲覧できてかつ権利侵害をしていないものに限ります。ツイッターかお問い合わせからご連絡お願いします。その他何かご意見がございましたらお問い合わせお願いいたします。

今回は以上です。次回は、これまでお問い合わせいただいた内容の一部についてご返信をしたいと思います。

2016/3/4追記:

当サイトに対するご意見について(回答など)

将棋ワンストップをご覧いただきありがとうございます。ぜひシェアをお願いします

記事の追記や更新の通知はツイッターで行います。フォローをよろしくお願いします!

コメント

  1. 引き続き応援してます より:

    管理人様こんにちは。トップページほか更新お疲れさまです。

    ワンストップ様開設当初から利用させていただいてます。今回コメントするのは2回目です。

    わたしは勝手ながら「NEWS by 管理人」の記事は将棋そのものの難しいところ(たとえば、最新戦法とか、棋理に関わることとか、終盤の難しいところとか)はあまり触れないものだと認識してました。だけど将棋界のことを一個人である管理人様が紹介していく、と。いろいろな切り口があって楽しみにさせていただいております。個人のピックアップ、感想ですから別に異を唱える方がいるのも自然なことでしょう。

    もちろん将棋の指し手に関する記事がちょくちょくあることも覚えてます。

    私のようにワンストップ様の常連の方であれば、今回説明されたことは別に皆さん分かっていることではないでしょうか。しかも、「だからこそ」利用している方も少なからず居ると推測します。

    また、単独の記事にリンクでたどってこられた方もいるでしょう。そういう方は最新の棋戦結果がどうなのかを気にしてやってきた訳ではなく、単にその記事を読みたくてたどり着いたんでしょう。

    また「従来の将棋ファンの方」は、いろんな将棋の楽しみ方をされていると思います。が、公式の中継ブログなり、中継アプリなり、棋士ツイッターなりみれば最新のことは分かりますし、アマチュアの戦法の研究家のブログもありますし、将棋が上手くなりたければ、公式でもアマチュアでも、講座、実況動画投稿されてます。またもちろん棋書や将棋世界もあります。将棋ファンならそういう情報は自分で手に入れてくるもので、ワンストップ様からのリンクが手がかりになっても、自力で見つけるでしょう。

    個人的な意見になりますが、最新のブロの公式戦を「管理人様本人が」追跡することが運営に必須だとは思いません。もちろんできればそれがいいでしょうが、ワンストップ様は他メディアのリンクの質がいいのでそれで十分です。特に、ちゃんとニュースの一時資料を追っている点はすばらしいです。「一時資料であること」は気にする人しか気にしないのかもしれませんが・・・。

    能動的にピックアップされるのはよいことかもしれませんが負担なら必須と考えません。

    長くなりましたが、今回改めて説明されたことはよいことかもしれませんが(記録に残る)別に今のままでもサイトの目的に沿うものだと思いますし、説明も変更もこれ以上は必要ないというのが私の意見です。既に模様が良さそうなので指しすぎないようにするという大局観はいかがでしょうか。

  2. 匿名 より:

    ご自分の思うようにしていただきたいなと思います。

    私はこのサイトは大好きですから、長くお続けいただくことを望んでいます。

  3. 匿名 より:

    私は管理人さんによる記事とコメントが好きでこのサイトに来ていますので、あまり他人の言に左右されず、ご自身が楽しく続けてもらえたらなと思います。

  4. 渡辺棋王ファン より:

    このサイトの更新、楽しみにしています。
    タイトル戦の結果ももちろんですが、棋士の意外な一面を見られておもしろいです。
    今まで通り、記事の更新を続けていただけたらなぁと思います。

    今日棋王戦ですね。

  5. 管理人 管理人 より:

    コメントありがとうございます。

    引き続き応援してます様:

    いつも応援いただきありがとうございます。

    最初に。確かにちょっと指し過ぎました。先日私の記事に対して批判的な意見を目にしてしまって(私宛ではなく吹聴されていたものです)、そこから私も誤解を解きたいと色々アクションしたのですが叶わず、悩んでしまいました。悩んだというか、自分が記事を書くことに自信をなくしたんですね。と同時に、今回のトップページ開発に着手しました。トップページの開発が終わった頃には悩みも薄らいできたのですが、せっかく開発したのでリリースしてみたくなってリリースしました。

    将棋でもあると思いますが、せっかく時間をかけて読んだ手なので指さないと損だ、というやつです。

    また、それとは別に、私の記事が少しでも(当サイトの目的でもある)ファン拡大に役立っているのかどうかということも、疑問を持つようになりました。

    それから、従来の将棋ファンの方にもなるべく利用される(とまでは言わなくても、知られているような存在の)サイトになるべきだと思っています。なぜかというと説明が長くなるのでやめますが、簡単に言うと従来の将棋ファンが新規の将棋ファンに、あるいは親が子供に安心してお勧めできるようなサイトになりたいためです。

    実際、トップページのピックアップがどれくらい負担になるかわからないので、やってみてダメならまた別の方法を考えます。今回開発した機能をもとに戻すのはそれほど難しくありませんので。

    簡単ではありますが、私の大局観はこのような感じです。

    上の匿名様:

    ありがとうございます。そうですね、最近は色々ご指摘を受けることもあってなかなか思うようにサクサク書けず慎重になっていた部分もありました。思うようにといえば、私は今は棋力が低いので向上させたいと思っています。いつかその勉強方法も記事にしたいと思います。

    下の匿名様:

    ありがとうございます。概ね楽しくやっておりますが上でも書きましたが最近はやや慎重になってたところはありました。将棋でもそうですが、何でも一生懸命に取り組んだほうが楽しいものだと思います。どうやったら目指すサイトになれるかというのを考えています。

    渡辺棋王ファン様:

    ありがとうございます。棋王戦観ています。横歩取りになりましたね。
    記事の更新はしたいと思います。が、それだけだと私の目指すサイトにはなれなさそうで。どういうのを目指しているかというと説明が長くなるので詳しくはまた別の機会にしたいと思いますが、最終的には将棋の有益な情報を集めつつ記事を書く人工知能が開発できれば最高です。というのは冗談半分ですが、一つ言えるのは私自身も他の人の楽しい記事を読みたいのです。

    皆様今後ともよろしくお願いします。

    • 引き続き応援してます より:

      お返事ありがとうございます。私、大量に書き過ぎました。これでは私が指し過ぎですね。他の方がおっしゃる通り管理人様の思う様になされるのがよいと思います! あと、新トップページなかなかいいと思います。最初からそうコメントしておけばよかったです・・・。せっかく時間をかけて読んだ手なので指さないと損だ、というのも納得です。あと、私(将棋ファン歴たった4年ですが)の中ではワンストップは新規の将棋ファンにオススメのサイトですよ! 納得のいく形で続けていただければ幸いです。

  6. あなあき より:

    あたしゃ、棋士たちのツィートをまとめて見る為に来てるだけなので
    サイトに「本格的な将棋の記事」なんか一つもなくたってかまやしませんよwww

  7. 匿名 より:

    こういう時こそナベさんの一言ですよ。

    『「それくらい捕れよ!」と言いはしますが、実際に自分がやれと言われたら絶対にできません。「しっかり決めろよ!」も同じで自分では決められません。将棋もそんなふうに無責任で楽しんでほしい。』

    私にとっては管理人さんが積み上げてきたものが「プロ将棋に無責任で無礼なスタイル」とは全く思いません。
    手間隙かけて、新しい切り口を増やしてくれたものと考えています。
    気楽に続けていただければ嬉しいです。

  8. 匿名 より:

    好きなようにやれば良いと思うよ
    頑張りすぎないでね~

  9. 匿名 より:

    とても楽しいサイトです。去年の3月からずっと見てます、夫婦そろって。あれもこれもと無理しないで、管理人さんが面白いと思うことをやってください。長く続けてもらえればそれが一番うれしいです。

  10. 管理人 管理人 より:

    管理人です。皆様ありがとうございます。まとめてで申し訳ありません。

    あなあき様:
    そうなんですよね。当サイトとしても出発点はそこなので。ただ、例えばタイトル戦の対局が終わったらその日のうちに2500字ぐらいでWEB上に本格的な記事が出るといいとは思ってるんですけどね。そんなサイトがあったり書いてくれる人がいればいいですね。

    第3の匿名様:
    ありがとうございます。思えばサイト開設当初は無責任極まりなかったですね。例えば当サイトはいつの間にか、私がお手本とするような有名な将棋ブログよりもアクセスがあるようになったようで、その分の責任を感じていました。責任を感じるようになっても別に嫌とかじゃなくてそれはそれで楽しいというか。でも1年前ならサラッと書いていた冗談とかを今は「誰かに文句言われないか」と考えながら書くのはまあ時間かかりますね。

    新しい切り口ということ。そうですね、そこをわかってくれる方が多いと嬉しいですね。

    引き続き応援してます様:
    再度のコメントありがとうございます。いえいえ、言っていただくと嬉しいです。トップページはまだまだ不満があるので逐次改造していきます。皆様が「管理人の思い通りにやれ」と言ってくださるのでどんどん指しすぎていく所存です。私も将棋ファン歴2年あまりで、従来の将棋ファンの方はどういうものがいいのかいまいちわからない部分もありますので勉強必要だと思ってますし、実際不満もあったということで、もっとおすすめできるようなサイトになりたいですね。

    第4の匿名様:
    はい、ありがとうございます。自分では頑張ってる感はないのですが、凝り性なんですよね。凝り性なりに好きなようにやっていきますので、よろしくお願いします。

    第5の匿名様:
    おお、夫婦お揃いでとはありがたいです。だいたい家族と一緒に閲覧して楽しいサイトなんてそんなにないと思うんです(偏見かもしれませんが。隙あらば出合い系とか嫌な広告が出てきたり権利侵害してたり)。上に書いたのですが凝り性なので無理している感じはしてないです。仕事やプライベートとの兼ね合いで、暇を見つけて運営してまいります。

    皆様コメントありがとうございます。

  11. 北尾まどか より:

    素晴らしい将棋サイト運営をありがとうございます。

    いつも応援してます。
    これからもよろしくお願いします!

    • 管理人 管理人 より:

      応援ありがとうございます。
      このサイトの開設当初からコメントいただきまして、(当サイト初コメント)あの時は驚きましたが嬉しかったです。
      もっと良いサイトになるはずですので、そうなるように運営していきます。今後ともよろしくお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。