高橋道雄九段がリアル・ロボット将棋を提案。リアル車将棋の次、コマンダーとして参戦希望

アニメなどのサブカル好きで知られる高橋道雄九段が、2015年2月8日に行われた「電王戦×トヨタ リアル車将棋」を見ながら「リアルロボット将棋」なる将棋を提案しています。

これは、同日の本人のブログで書かれているもの。

リアルロボット将棋ですか。妄想が膨らみます。

クルマに興味が無い

クルマというと、カッコイイとか乗って爽快だとか、趣味・レジャーの役割があるとともに、現実的には移動手段・運搬手段だったりします。

クルマを所有している人の何割が趣味・レジャーを主目的にしているかわかりませんが、地方都市などではクルマはいわば生活必需品で、必ずしも強い興味があって購入、運転するものではないと思います。

高橋道雄九段も上記記事中で、クルマの運転には興味が無く、免許は持っているが、

免許取得の目的は、子供の運搬のため。子供が大きくなった今、必要がなくなったので、現在、マイカーはなし

だとしています。

リアルロボット将棋を妄想

そこで高橋道雄九段が提案しているのが、リアルロボット将棋。上記ブログでは

今日は、車でなくてロボットだったら、何をおいても
駆けつけるところだったけどね。
今度は、リアルロボット将棋って、如何でしょう?

と記述しています。

これは、妄想が広がる展開です。

40台の巨大ロボットたちが繰り広げる将棋。

個性豊かなロボットたち。

棋士たちがロボットに乗り込む。

敵陣に入って成ったらトランスフォーム。

宇宙を思わせる盤・・・・。

高橋道雄九段も

リアルスーパーロボット大戦、将棋バージョンとかね。
その際は、コマンダーとして、是非、呼んで欲しい。

と妄想しています。

スポンサーが・・・

リアル車将棋では、トヨタさんが全面的にスポンサーとして協力してくれましたが、リアルロボット将棋の場合はどうでしょう。日本はロボット技術開発の先進国だといいますし、人型のロボットを開発している会社はあります。

ホンダさんとか、村田製作所さんとか、ソニーとか(犬ですが)・・・。

実現して欲しいですね、これは。だれかスポンサーになってください。

将棋ワンストップをご覧いただきありがとうございます。ぜひシェアをお願いします

記事の追記や更新の通知はツイッターで行います。フォローをよろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。