日本将棋連盟モバイル、メールマガジンを終了

2015年5月4日に配信された日本将棋連盟モバイルのメールマガジン(No.253)において、同マガジンの終了が発表されています。

野辺記者の言葉で、

本メールマガジンは5月いっぱいで終了することとなりました

と報告されています。

また、日本将棋連盟モバイルの「お知らせ」欄に5月1日付で

5月いっぱいを持って日本将棋連盟モバイルメールマガジンは配信を停止することになりました

と発表されていることに気付きました。

メルマガの内容

メルマガをご存じない方に説明しますと、このメルマガは週1回月曜日に配信され、内容は、「1.その週の注目の対局(タイトル戦など)」、「2.イベント情報」、「3.注目商品」、「4.棋士・女流棋士へのインタビュー」です。また、インタビューの前後には記者の小話的なものも掲載されています。

インタビューは、日本将棋連盟モバイル上でのインタビューと同じ形式、質や量も同じ程度のものです。

なぜ配信停止?

配信停止の理由はわかりません。

推測するに、登録者数が伸びなかったのでしょうか。

また、日本将棋連盟モバイルそのものと役割が重複していたかもしれません。

例えば、今週の注目局、イベント情報は日本将棋連盟モバイルにも同じような情報があり、内容はメルマガより充実しています。インタビューは上記の通りでこれも役割重複。となるとメルマガのオリジナリティは注目商品と記者の小話ですが、これがどこまで読者の心を掴めたか、ということになるでしょうか。

メルマガ難しそう

現状、各種公式サイト等の情報に加え、多くの棋士、女流棋士、ネット記者や将棋関係者の方々がツイッターやブログを使い情報発信しているなかで、一人ひとりの将棋ファンにとっても受け取れる情報の量に限りがあると思います。

そうするとメルマガという、検索性が悪くて、情報の取捨選択をしにくくて、SNS等でもシェアされにくくて、一度リリースしたら情報更新されない媒体では、よほど有益な情報を発信していないと読者の心を掴めないのではないかな、と思ってしまいました。

あと、SNSだとフォローボタンを押すだけ、他のWeb記事購読サービスでも簡単に登録できるという状況で、メルマガの登録はとてもめんどくさいと感じます。これも、よほど有益な情報が掲載されていると将棋ファンのなかで常に話題にされるほどではないと、登録しようと思わないのかもしれませんね・・・。

いやこれ別にメルマガの内容を批判しているわけじゃないです。一般的な話として、メルマガの運営は難易度が高いのではないかなと。私もサイト運営していて、難しいと思うことが多いので、メルマガだとなおさら難しそうだと思いました。

インタビューはパワーアップ

日本将棋連盟モバイルのお知らせによれば、

インタビューコーナーはこれからも日本将棋連盟モバイルのコラムでよりパワーアップして継続します

とありますので、期待しましょう。

しかし残念・・・

ただ、メルマガは無料で配信されていて、一方で本体の将棋連盟モバイルは有料なので、メルマガだけ見て楽しみにしていた人がいると思うと、その点はとても残念ですね。

ちょうど香川愛生女流王将が「将棋連盟ももっとメディアミックスを」と言及したタイミングで、その1つが失われるという感じがして、情報に触れる人が減ると思うと。

こうなったら、将棋ワンストップ・メールマガジン、始めようか・・・。

将棋ワンストップをご覧いただきありがとうございます。ぜひシェアをお願いします

記事の追記や更新の通知はツイッターで行います。フォローをよろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。