第64期王将戦、郷田真隆九段が渡辺明王将を下し奪取。郷田真隆王将が誕生!羽生世代は健在

2015年3月26・27日に行われた第64期王将戦7番勝負第7局は、振り駒で先手となった郷田真隆九段が、渡辺明王将を下しました。これでこのシリーズのスコアは(王将からみて)3勝4敗に。

この結果、渡辺明王将は防衛に失敗。郷田真隆新王将の誕生となりました。

郷田真隆九段は、2013年に渡辺竜王(当時)に棋王を奪われて以来のタイトル保持。2014年(2013年度)はNHK杯(第64回)も獲得しており、羽生世代と呼ばれる現在40代半ばの世代の中でも、活躍が目立ってきました。

詳細な棋譜は毎日新聞のサイト(会員登録が必要)、日本将棋連盟モバイルでご確認ください。

戦型は相掛かり

戦型はこのシリーズ初めての相掛かりになりました。

これまでの流れから角換わりが予想されましたが、振り駒で先手を引いた郷田真隆九段が用意していた模様。

対する渡辺明王将は5一に金、6二に銀を配する中原囲いに。一手一手に時間がかかる、ゆっくりとした進行となりました。

長考の郷田真隆九段

21手目、角の頭の歩を飛車で交換された直後に、相手の飛車の頭に歩を打つという当たり前に見える手で、郷田九段は1時間近い長考。

序盤でも、当然の手でも長考するのが郷田九段のスタイルともいえますが、今シリーズでは特にその長考が目立ったような気がします。時間の使い方が渡辺明王将や、糸谷哲郎竜王とは対照的。

ただし、本局では郷田九段だけでなはく、封じ手前後から2日目にかけてお互いに長考を繰り返しました。

仕掛けた郷田九段

序盤は自陣近くの6六に角を打つなど、受けに回るかと思われた郷田九段ですが、2日目に入り1筋から仕掛ける展開に。

49手目▲1五歩を突き△同歩と取らせ、その裏に▲1三歩を打ち△同香と取らせ、さらに▲1二歩を打ちと金を作りを目指しました。

△5三角から流れが急に

それを見た渡辺明王将は自陣から敵陣を睨む△5三角(54手目)を打ちました。

しかし郷田九段はそれを無視して▲1一歩成とと金作り。一方の渡辺王将も△8六角と打ったばかりの角を切り攻め合いとなりました。

この辺りが岐路だったようで、この後の急な流れの中で先手が良くなっていった模様です。

後手玉を挟撃

先手の郷田九段は、前述の端からのと金攻めに加え、中央からの攻めを見せ後手玉を挟撃。

後手の渡辺王将も先手玉の左方面から迫りましたが、及びませんでした。ニコニコ生放送での富岡英作八段の解説によれば、後手の88手目の6七馬が敗着となったとのこと。このあたりで控室の検討も打ち切られました。

郷田真隆王将が誕生

先手の99手目を見て渡辺王将が投了。

ここに郷田真隆王将が誕生しました。王将のタイトル獲得は自身初。前述のとおり2013年に失った棋王以来のタイトルとなります。通算タイトル獲得数は5期。

一方、渡辺明棋王は、2期在位した王将を奪われ棋王のみの一冠に後退(今月、羽生善治名人相手に防衛したばかり)。

何年も前から言われている「羽生世代」からの世代交代どころか、今年はNHK杯も森内俊之九段が獲っていますし、朝日杯将棋オープン戦は羽生名人が獲っていますし、いまだこの世代が健在であることが示される結果に。

これにより将棋界の7大タイトルは、羽生善治名人が王位、王座、棋聖をあわせた四冠、その他の3つを糸谷哲郎竜王、渡辺明棋王、郷田真隆王将が分け合う構図となりました。

将棋ワンストップをご覧いただきありがとうございます。ぜひシェアをお願いします

記事の追記や更新の通知はツイッターで行います。フォローをよろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。