及川拓馬六段、上田初美女流と結婚したメリットとデメリットを語る

2015年3月26日にニコニコ生放送で中継された第64期王将戦(渡辺明王将VS郷田真隆九段)第7局に、解説として及川拓馬六段が登場。

2013年6月に結婚した妻である、女流棋士の上田初美女流三段との生活について語ってくれました。

話には困らない

及川六段は、メール質問に答える形で、家庭の雰囲気についてトーク。

それによれば「将棋の指し手とかのことは言わない、一緒に研究はしない」とのこと。その理由は「家では休みたいので」。

ただ、将棋のニコニコ生放送は一緒に観て「これがいいかな?」とか話すことはあるそうです。及川六段は結婚生活について、同業者なので「話はそんなに困らない」とも話していました。

「困らない」・・・というか、まだ新婚2年も経っていないのに困ったらまずいような。

同業者と結婚したデメリット

また及川六段は、ちょっと言いにくそうに「あのー、ん、これでも、あ、そっか、えっと、どうしようかな・・・」と言いにくそうにしつつも、同業者と結婚したデメリットについても語ってくれました。

そのデメリットは「すぐ何しているかバレること」。及川六段は「どこに行ってるとか、何しているとか、バレバレなんで。それは一長一短・・・短のほうが多いのかな」「100%オープンじゃないですか」と、爽やかな笑顔で話してくれました。

普通の会社員でいうと職場結婚ですからね。しかも、従業員200人ぐらい(棋士・女流棋士あわせて)と、それほど規模の大きくない企業での職場結婚ですから・・・。

メリット

逆に「同業者と結婚してよかったこと」を聞かれると、及川六段は「これ難しいですよね」としつつも「理解してもらえて、対局の前日とかに多少気を遣ってくれる」というメリットをひねり出していました。

将棋を指していなくても結婚していた

別のメールでは「及川先生には『将棋を指していなくても彼女と結婚していた』という名言がありますが、奥様の将棋以外の魅力を語ってください」という、ストレートな質問が。

この日聞き手だった安食総子女流初段は「将棋を指していなくても彼女と結婚していた」という名言について「私も結構感動しました」とコメント。

及川六段は照れつつも、「そうっすね・・・やっぱり、あのー、一緒にいて、すごく、い、居心地がいいことじゃないですかね」と回答。最初はいろいろズレもあったようですが、だんだんフィットしてきたとのことです。

及川六段は「結婚って、やっぱ一緒にいて楽じゃないと」と語り、安食総子女流も「楽が一番ですよね」と同意しました。

出会いは

及川六段は、上田初美女流との出会いについて「昔から知ってはいたんですけど、話するわけじゃなかった。同門(伊藤果七段門下)なんで。教室とかも確か一緒だった」としながらも、いつ頃から意識し始めたかは「覚えていない」と回答を拒否。

ただ、「家が近くて、電車の帰り道が一緒だった」ので話すようになったとのことです。

安食女流から「自然と惹かれていった?」と聞かれると、「そうですね、そういうことにしましょう」と照れていました。

この2人解説・聞き手コンビは癒やし力が満点。7番勝負の7局目とは思えぬ(初日ではありますが)、一日中ほのぼのとした雰囲気でした。

及川六段にとっては今回が「ニコ生での長い時間の解説は初めて」だったとのことですが、いろいろ語っていただきありがとうございました。

最後になんとなく以下のツイートを掲載。

以上、ありがとうございました。

将棋ワンストップをご覧いただきありがとうございます。ぜひシェアをお願いします

記事の追記や更新の通知はツイッターで行います。フォローをよろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。