「ものの歩」第26話。こじらせた将和高校、精神攻撃で開戦

週刊少年ジャンプの漫画「ものの歩」の第26話です。

この漫画を読んでいると高校時代を思い出すのですが、今思えば青春がそこにあったなと。漫画の中では、主人公の信歩がトイレで他校の生徒に話しかけられてその場で口論みたいになるんですが、そういえば私もトイレで話しかけられて口論みたいになったことがありました。当時学年でも一二を争う人気だった異性の生徒、私はその人と家が同じ方向だったので、たまに一緒に通学したりしてたんですが(残念ながら交際はしていない)、それに遠回しに文句を言ってくる人がいて。喧嘩とかじゃないんですが。大人になったらトイレで口論できなくなるので、高校生の皆様はいまのうちにどうぞ。

さて前回の話はこちらの記事で。

「ものの歩」第25話。岬が前代未聞の「ありがとう投了」

これまでのあらすじは以下の記事で。

将棋漫画「ものの歩」これまでのあらすじ

今回の話では棋譜も何もでてこないですので簡単にあらすじを書いておきます。

あらすじ

都大会団体決勝に進出した千賀高校と将和高校。

千賀の副将竜胆は、将和の副将蒼馬と廊下で睨み合う。竜胆は藤川杯の決勝で、幼なじみの蒼馬に勝ちを譲られたという過去がある。藤川杯で優勝したらプロになるために奨励会を受験するはずだったが、譲られた優勝では納得出来ない。

蒼馬は当時について「勝敗なんてどうだってよかったんだよ」と言い、今回の決勝だって「負けたって構わないんだよ 将棋は遊びなんだから」と言う。竜胆はそんな蒼馬の態度に怒り心頭のご様子だ。しかし同時に「俺はお前に勝って先に行く」と、決勝まで連れて来てもらった信歩のためにも勝利を目指すことを宣言する。

信歩は将和の部長とトイレで口論となる。部長が「君は絶対にプロにはなれない」と言ってふっかけた口論だ。

部長は奨励会試験で落ちた過去があり、奨励会に入会できる者とそうでない者の間には決して超えられぬ「溝」があると言う。部長は信歩に「残念だが君は『こちら側』の人間だよ」と言い、プロになることを諦めるように信歩を説得する(何のために? 後述する)。

信歩は「自分 まっすぐにしか進めませんので」と言い、「諦めたら(プロには)なれないのだけはわかります」と部長に反論する。

部長は「では 私が間違っていると?」、そして「君がプロになれるというなら・・・私に勝てるはずだな?」と信歩を挑発した。

いよいよ決勝の対局が始まる。竜胆は、トイレから戻ってきた信歩に「この試合勝ってよ・・・一緒に行こうぜ・・・奨励会」と決意を述べた。信歩は「ハイ!!!」と応じた。

将和高校はこじらせてるのか

以前、竜胆は蒼馬との思い出を引きずってこじらせてるということを書きました。

「ものの歩」第3話。信歩とみなと、こじらせキャラ竜胆が同級生

今回の話を見ると、将和高校の部長もまた、奨励会試験に落ちたことを今日まで引きずっており、プロを目指そうという信歩に対して必死に「諦めろ」と説得します。

蒼馬は蒼馬で、こじらせてる竜胆に対して「将棋は遊び」などと挑発的な言葉を繰り返しています。彼の髪型を見ると、やはり彼の周りだけ、左から右に向って風が吹いています。思うに、彼もまたなにかをこじらせているような気がします。

主将と副将がこじらせている将和高校。こじらせ高校です。

精神攻撃か

将和高校は、大将の部長が信歩に、副将の蒼馬が竜胆に、それぞれ挑発行為を行っています。

将棋を指す人はわかると思いますが、指す時の精神状態は勝敗にかなり影響します。ゴルフなんかも精神的なものが大きいと言いますが、私の場合は将棋もかなり大きいですね。怒っているときや落ち込んでいる時に将棋を指すといいことはありません。落ち着いて指すのが一番です。

将和高校の挑発行為は、いわば盤外戦術なのかもしれません。精神的に相手をかき乱すことによって相手より優位に立とうという技。プロの世界でも昔は盤外戦術が用いられたことがあったようです。

私は心理学の専門家ではありませんが、ちょっとしたきっかけで相手に精神的に大きな影響を与えることができる技があるそうです。例えば、事前に挑発行為をしておき、その時に同時に印象的な色・・・例えばモスグリーン色のハンカチを相手にちらつかせておいて、対局中にそのモスグリーン色のハンカチを何気なく相手から見えるように出せば、相手の精神状態を撹乱することができる可能性があります。

将和高校の二人はそうやって、対局までのわずかな間で敵の精神をかき乱す、いわば精神攻撃をしている可能性があります。戦いは既に始まっているのです。

多感な高校生。今思えばトイレで文句を言われようが何しようが気にしなければいいんですが、ついつい気にしてしまう年頃だと思います。ただ、竜胆と信歩は「奨励会を目指す」という目標を持つことで精神的な安定を手に入れるかもしれません。目標を持つことは、たとえ結果的にその目標が叶わなかったとしても、その過程で得られるものがある時があります(ない時もある)。

将棋ワンストップをご覧いただきありがとうございます。ぜひシェアをお願いします

記事の追記や更新の通知はツイッターで行います。フォローをよろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。