三浦弘行九段の処分に関する第三者調査委員会の記者会見概要

2016年12月26日、日本将棋連盟が設置した三浦弘行九段の出場停止処分等に関する第三者調査委員会(但木敬一委員長)が記者会見を行いました。この記事では、その概要について記しておきたいと思います。

会見の模様はニコニコ生放送で配信されました。正確にはこちらをご覧下さい。1時間ほどです。

日本将棋連盟第三者調査委員会記者会見 – 2016/12/26 15:00開始 – ニコニコ生放送

また、毎日新聞のWebサイトに、会見で配られた資料が掲載されています。画像データで、6ページあります。

将棋:ソフト使用疑惑「不正の証拠ない」 第三者委 – 毎日新聞

詳細はこれらの記事をご覧になることをおすすめします。ただし毎日新聞の方には質疑応答部分は掲載されていません。

これまでの経緯はこちらの記事にまとめてありますのでご覧ください。

三浦弘行九段のソフト不正疑惑の時系列まとめ記事(その3)

以下、本記事では、委員長である元検事総長の但木敬一氏が読み上げたことと質疑応答のうち、私(管理人)が大事そうだなと思った部分を抜粋し要約しています。

報告書の概要

まず但木委員長は、報告書の概要を読み上げました。上記の毎日新聞サイトに掲載されたものです。既に概要を読まれた方は、以下の部分は飛ばして見出し「但木敬一委員長への質疑応答」まで進んでください。

今回の第三者調査委員会の発表によると、三浦九段の出場停止処分の理由は「不正行為の疑惑がある中、三浦九段がいったん休場の意向を示しながら休場届を出さなかったこと、竜王戦七番勝負および前夜祭が迫っており関係者への影響が甚大であったこと等」とされています。これまではこの処分理由も正確にはよくわかっていませんでした。

ただ、三浦九段は反論文書で出場辞退を否定しています。このあたりは質疑応答でも触れられた部分です。後述します。

同委員会の調査事項は「1.三浦九段の不正の有無」と「2.出場停止処分の妥当性」です。

1.不正の有無

疑惑の根拠として指摘されたものはいずれも実質的な証拠価値に乏しく、不正に及んだと認めるに足る証拠はないと判断した。

2.出場停止処分の妥当性

処分は、竜王戦七番勝負の開幕を控え、不正行為疑惑が解消されていないという非常事態において、連盟所属棋士および公式戦における規律権限の範囲内であり、当時の判断としてはやむを得ない。

不正の証拠はなかった件

但木委員長は、不正の証拠がなかったという結論について説明しました。

・不正の根拠の一つとされた、7月26日の対久保九段戦の夕食休憩後に三浦九段が「自分の手番で約30分間離席をした」という事実はなかった。

・8月26日、9月8日の対丸山九段戦の夕食休憩後、連盟理事が三浦九段を監視していたにも関わらず、不審な行為は認められなかった。丸山九段も疑いを抱かなかった。

・映像が残っている3局(7月26日の対久保九段戦、8月26日、9月8日の対丸山九段戦)では、映像からも三浦九段が不正に及んだという証拠は確認されなかった。

・不正の根拠とされた一致率は、計測毎にばらつく指標である。また、一致率が高い棋譜は、技巧の公開前に三浦九段が指した対局、他の棋士の対局でも数多く認められた。これらから、一致率は不正の根拠とならない。

・三浦九段から提出を受けたPCやスマートフォンなどの電子機器は、家族のものも含め、外部会社が調査した結果、疑惑があった4対局で不正におよんだとされる痕跡は確認されなかった。

・三浦九段が指した手が「自力で指せる手か否か」に関して、連盟所属棋士にヒアリングをした。対象は久保利明九段、郷田真隆王将、佐藤天彦名人、佐藤康光九段、千田翔太六段、羽生善治三冠、丸山忠久九段、渡辺明竜王。その結果、多くの棋士が、三浦九段が将棋ソフトの助けを借りずに自力で指した手として不自然ではない、離席の長さやタイミングが不正の根拠とはならないとの見解を示した。

出場停止処分を妥当としたことについて

但木委員長は、出場停止処分を妥当だと結論づけたことについて説明しました。

・連盟は所属する棋士および公式戦を規律する権限を有し、および責務を負っている。所属棋士は、連盟の一員として規律に服することは当然に予定されており、連盟が規律を及ぼすことは可能。

・対局規定第1章第2項には「本規定にない条項は、常務会が判断・措置する」と定められている。

・連盟は、所属棋士に(不正等の)疑いやおそれが生じている場合にも、疑いの真偽を見極める間、または行為のおそれがなくなるまでの間、所属棋士の身分を停止したり、公式戦への出場を停止したりすることも認められる。

・結果的には不正の証拠はなかったが、出場停止処分の妥当性は結果論ではなく、処分当時の緊急性や妥当性をみる必要がある。疑惑の中で七番勝負に出場すれば大きな混乱を生じ、連盟や将棋界の信頼や権威が傷つくと予想され、処分の必要性や緊急性はあった。

・開幕を3日後に控え、将棋連盟としてとりえる現実的な選択肢がほぼなかった。三浦九段が竜王戦七番勝負の休場を申し出、挑戦者の交代について共同主催者らの承諾を得ており、三浦九段が休場を撤回した時点においてはもはや後戻りできなくなっていた面がある。

・他棋戦に出場させた場合でも、連盟の自浄作用が疑われ、棋戦への信用失墜につながるおそれがあったため、期限付きで出場停止処分にしたことは許容されると考える。

提言

同委員会は、調査結果を踏まえ、以下のような提言も行いました。

・将棋ソフトの棋力向上により、将棋連盟は未曾有の危機に直面しているといっても過言ではない。この時代となって、対局者が将棋ソフトを使うのではないかという疑心暗鬼が、プロ棋士の間に生じてきたことを見逃すことができない。それが次世代の棋士や愛好者に影を落とし、将棋という我が国の精神文化を内部から腐食させる危険を感じる。将棋連盟はそれを直視し、的確に対処する責任がある。将棋ソフトの正しい位置づけを示す、公式戦で疑心暗鬼を抱かせない合理的システムを構築する、などの必要に迫られている。

・当委員会は不正の証拠はないという結論を示しました。将棋連盟は三浦棋士を正当に遇し、その実力をいかんなく発揮できるよう諸環境を整え、一刻も早く将棋界を正常化させるよう、強く要望するものであります。

但木敬一委員長への質疑応答

会見に集まった記者と但木委員長の質疑応答が行われました。

調査結果すべては、公表されるのか?

連盟が公表するかどうかを決めることになっているが、契約書では、当第三者委の意見を尊重するという条項が盛り込まれているので、今後、連盟から相談があるものと思っている。分厚い報告書の中には、データや個人的なことに立ち入っているものもあるので、それは工夫しなければならない。我々は説明責任があると思っているので公表することになるだろうと思ってる。

一致率に関する棋士たちの評価は?

三浦さんよりも高い一致率を示す人はたくさんいる。一致率でソフトの不正使用を推定できると、現在も思っているプロ棋士は、相当少ないと思う。一致率では推定できないと、考えを変えたプロ棋士もいるだろうと思う。

離席については?

人それぞれのやり方があるので、離席の多さやタイミングは不正の証拠にはならない。

8月8日に連盟から「長い間の離席うんぬん(控えるように)」という通知があったので、10月3日の対局で渡辺竜王が、三浦九段の離席に苛ついたということはあったのかなと思います。

だからといって疑惑が生まれるとか、そういうことではない。


報告書の内容は「限りなく白に近いグレー」に見えるが?

真っ白であるという証明は、悪魔の証明といって、できない。疑惑とされた事項をひとつひとつ全て検討し、証拠の信用力はないとつぶしたということ。

調査したスマホ不正利用の具体的な方法は?

スマホの不正利用方法として1.スマホに将棋ソフトをインストールする、2.リモートアクセス、3.共犯者から画像を送ってもらう、と3つある。いずれの形跡もなかった。

三浦九段が自ら調査した結果とはまったく関係なく、こちらはこちらで機械的に解析した結果である。

三浦九段から休場の申し出があったと判断しているが、その根拠は?

これは非常に難しい。10月11日の常務会でいろんな問題が論議され、7月26日の離席についても三浦九段は的確な答えができなかったという状況もあり、そういうもののいろんな影響を考えざるを得ないが、その場の経緯の中で、三浦九段の方から「こういう状態では出場できない」という申し出があったということで、ありまして、そう単純に「彼が申し出ました」というにも・・・。そういう経緯の中から彼が申し出た、そういう認定をしている。

(管理人注:ここの委員長の言い回しが非常に難しいので、正確にはニコ生をご覧になることをおすすめします。タイムシフト53分ぐらいから)

三浦九段の利益の回復については?

喩えはおかしいかもしれないが、高速道路を作る時に、その予定地の家に立ち退きを求めることはある。社会全体の利益のために、悪くない人でも立ち退いてもらう必要がある。

そういう場合、全体の利益のために被った不利益は、償う形でバランスをとる。出場停止処分の判断はやむを得ないかもしれないが、そのために被ったいろんな不利益は、それなりに公平な状態に戻すことが考えられる。それがどういう内容かは、連盟と三浦さんが考えてほしいと思う。早急に考えて一刻も早く正常化してもらいたい。


将棋連盟の運営、常務会がほぼ棋士だけで構成されていることについては?

それは私達の役割ではないが、時代の変化の中で対応して、将棋の隆盛を守っていただきたい。体制・ガバナンスは、時代に即して、どうやったらいいか、会員の中で議論して、大きな曲がり角をちゃんと曲がっていただきたい。外部理事の意見も大事だろう。

繰り返しますが正確にはニコ生をご覧いただければと思います。

また、新たに分かった情報等は私のツイッターで発信していますのであわせてご覧いただければと思います。

将棋ワンストップをご覧いただきありがとうございます。ぜひシェアをお願いします

記事の追記や更新の通知はツイッターで行います。フォローをよろしくお願いします!

コメント

  1. かな より:

    記事を拝見いたしました。私も会見を見ました。
    休場届の件、第三者委員会としては休場の申し出があったので、挑戦者交代のため丸山九段をアサインして、スポンサーの了承を取り付けていたため、三浦九段の休場撤回を受けた際はもう戻せない状態だった、との説明でしたね
    言葉もありませんでした。
    NHKの質問で、休場を申し出た件について回答する委員長の表情をみるに、言葉通りに受け取ることはできず、非常に苦しい解釈であると私は感じました。

    ・極秘会議にも出た棋士を含め問題の指し手が三浦九段の指し手としておかしくないと判断したこと
    ・既に疑惑のために三浦九段の対局が理事の監視下にあり、その理事は特に問題を感じなかったこと
    これだけを聞かされただけでも、では、今どうしてこんな事になっているのか?が今まで以上に理解できなくなりました。
    三浦九段は結局言われのない言いがかりによって名誉もチャンスも失うことになっていて、回復は困難この上ないと言わざるを得ません。

  2. YH より:

    第三者委員会の発表が、竜王戦が全て終わった直後というあたり、
    すでに第三者委員会とその顧客である連盟が、多少なりとも利害関係に
    あったことを感じます。
    連盟の過失・未必の故意は、追求されるべき課題かと思います。

    後は、白黒の判断を一般人が納得できるように、また三浦さんの名誉回復のために、
    一致率の仮説検定が再現可能な形で公表されることを願います。

  3. GTH より:

    三浦九段の、調査委員会の報告を受けての記者会見の模様の詳しい記事、特に三浦九段の師匠の西村九段の連盟の対応への批判がくわしく書かれた記事があったと思うのですが、見当たりません。それが載った記事のURLを教えてください。

  4. 匿名 より:

    渡辺竜王は詫びて棋士を辞し、賞金、対局料
    全額を三浦九段への賠償金に充てて下さい。

  5. 管理人 管理人 より:

    第三者調査委員会の報告を受けた三浦弘行九段と日本将棋連盟の会見概要
    http://shogi1.com/miurahiroyuki-kaiken20161227/

  6. RUC より:

    不自然な長時間離席が多いってとこから疑惑を持たれてたのに、カメラ画像から不自然な離席はなし
    スマホの解析でもPCの遠隔操作や画像でのカンニングの形跡やデータ,通信等の履歴なし
    これで渡辺竜王はどう落とし前つける気なんだろう

    明らかに的外れなダウトをしたのに、これでタイトル剥奪と罰金等のペナルティがなければ
    将棋はトランプ以下の身内ゲームになり下がったって事ですね

  7. 黒か黒以外 より:

    あけましておめでとうございます。
    昨年何度かコメントさせていただきました。
    私なりの意見を書きたいと思います。

    名誉回復は一連の将棋連盟の行為が間違っていたと公式に認めること、ならびに責任の所在を明らかにし、責任を取ること、そしてこのようなことが二度と起こらないような体制を作ることです。

    第三者委員会の報告書を見る限り、暫定的な処分はやむを得ないという趣旨で書かれています。
    【但木委員長は、出場停止処分を妥当だと結論づけたことについて説明しました。
    (中略)
    ・連盟は、所属棋士に(不正等の)疑いやおそれが生じている場合にも、疑いの真偽を見極める間、または行為のおそれがなくなるまでの間、所属棋士の身分を停止したり、公式戦への出場を停止したりすることも認められる。】

    第三者委員会の趣旨はよくわかりますが当時の連盟は、追加調査をしないと調査を打ち切り、「疑いの真偽を見極める間」の暫定措置ではなかったし、処分自体が届出を出さなかったという姑息な名目ではなく、調査をするまでの暫定的な期間出場停止にしますと公式にアナウンスをしておくべきことでしょう。そういう意味では第三者委員会の発表と当時の将棋連盟の行動にずれがあると思います。

    容認される措置が対象者に不利益を生じさせた場合に、当然ながら不利益の回復に努める責任もあります。三浦九段が記者会見で言っていたような「元の状態に戻す」ことがベストの解決策ですが、棋戦のやり直しができない以上は本来出場するはずだった対局料を損害賠償として、勝利すれば得られはずであった報酬を慰謝料として支払いをすべきです。

    一般的な内部告発というのは、不正行為の現場を見た・不正行為をしていた(させられていた)者が写真や動画、証拠となる資料はないけど、○月○日○時○分に不正行為が行われていたと訴えるものです。今回は「誰も不正行為を見ていない」し、不正行為自体が何かということすら提示されていない中での処分です。少なくとも不正行為が疑われた人が異議申立をできる不正行為の事実を提示させる仕組が必要です。15時20分に離席してカンニングしたというなら、その時間は売店でジュースを買っていてレシートもあると言い返すことが出来るのであって、何時かわからないけどとにかく不正をしたなんて訴えを許してはいけません。

  8. papa より:

    もし一人の棋士の疑いなら、その人の勘違いや悪意から出ている可能性は高い。しかし複数の棋士から疑われたという事実。30分の離席が存在しなかったという問題ではない。離席だけなら糸谷の方が多いと思う。しかし糸谷を疑う棋士はいない。指した手に誰も疑いを持っていない。冗談でもカンニングしているなどと言えば、その人の方が間違いなく避難されるはず。渡辺竜王が将棋界を思って、リスクを負って告発した気持ちは理解できる(今も後悔はしていないといっているし)。読売も挑戦者交代を認めたということは、疑いを信じたということ。第三者調査委員会も出場停止処分を妥当だといったのは、それだけの強い疑惑が存在していたことを認めているから。なぜ三浦9段は自分がこれだけ疑われたということに関して反省の言葉なり、自分なりの見解を言わないのかが引っかかる。

    • 匿名希望 より:

      三浦9段が、疑われた見解をする場がありましたか?
      身に覚えのない疑惑に反省?する必要ありますか?

      • papa より:

        そもそも何故こんな問題が起きたのか。
        渡辺竜王が勝手に疑って告発し連盟が挑戦者交代をしたから・・・、ではなく三浦9段が疑われる行動を取り続け、それが臨界点に達したから。間違いなく疑惑が存在したから将棋界の為に竜王が行動を取らざるを得ない状況になり、この問題が起きたと私は思っています。
        三浦9段からは、この疑惑自体を否定している。本気でそう思っているのならばですが・・・怖いです。「客観的に見て疑われる要素はあったかもしれない。」この一言でもあれば私の見方はかなり変わったのですが・・・。
        竜王はお騒がせしたことをお詫びしています。でも自分の取った行動には後悔していないとハッキリしています。
        その行動自体が最善手だったかは置いといて、その思いは疑う余地無し。
        三浦9段には、汚い言葉ですが「お前が疑われるような行動をとり続けからこんな大問題になってしまったんだろう。なぜ自分がこんな目に会うんだ・・・じゃなく、まず謝れよ」と言いたい。

        • 匿名 より:

          疑われる行動といってもそれが単なる渡辺竜王の思い込みなら三浦九段も自覚のしようがないですよ(健全化であればいきなり告発なんて強硬手段に出る前に持ち込み禁止とかのルール化を進めるのが自然な対応じゃないでしょうか)。

          それと、疑惑があったというのがそもそもあなたの思い込みではないですか(「お前も当事者なんだから弁解のひとつくらいしたら?」って嫌味のひとつも言いたくなるなら理解できます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。