丸田祐三九段が死去。加藤一二三九段らがお悔やみのツイート

大正8年生まれで、日本将棋連盟の会長も務めた丸田祐三九段が多臓器不全で亡くなったというニュースが伝えられています。

日本将棋連盟の発表やNHKのニュースによれば、亡くなったのは2015年2月17日の午前。95歳でした。ご冥福をお祈りします。

丸田祐三九段

大正8年(1919年)長野県生まれ。
奨励会時代に太平洋戦争に招集される。
復員後に四段昇段。
タイトル挑戦4回、棋戦優勝10回、A級に24年在籍。
昭和44年から48年まで、将棋連盟会長をつとめる。
藍綬褒章、勲四等旭日小綬章。

棋士らがお悔やみのツイート

この訃報に、加藤一二三九段は以下のようにツイート。

加藤一二三九段は現在75歳です。上記のように、丸田祐三九段は同じような歳でNHK杯の1回戦を勝っています。加藤一二三九段より20歳年上だったんですね。

将棋連盟の理事をつとめる片上大輔六段も以下のようにツイート。

前述のとおり、丸田祐三九段は長野出身です。

上野裕和五段、香川愛生女流王将も以下のようにツイートしています。

竹部さゆり女流三段、真田彩子女流二段らのグループ「team遊び駒」もツイートしています。

itumonさんは伝説的なエピソードをツイート。

改めまして、謹んでご冥福をお祈りします。

将棋ワンストップをご覧いただきありがとうございます。ぜひシェアをお願いします

記事の追記や更新の通知はツイッターで行います。フォローをよろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。