棋士でライターの河口俊彦さん死去。棋士らがお悔やみのツイート

2002年に引退された将棋棋士で、将棋ライターをされていた河口俊彦さんが、1月30日にお亡くなりになったとの訃報がありました。死因としては腹部大動脈瘤破裂。ごく最近まで執筆されており、急なことだったと思います。78歳でした。

お悔やみを申し上げます。

以下に簡単ではありますが、経歴を紹介し、その後に棋士や女流棋士、将棋関係者の方々がお悔やみのツイートをされていますので、ご紹介したいと思います。

河口俊彦さん経歴

1936年生まれ。1951年、奨励会に入会。
1966年に四段、2000年に七段、2002年に引退。その後将棋関連のライターに。

有名な連載は雑誌「将棋世界」に1978年から2006年まで、途中中断を挟み連載された「対局日記」及び「新・対局日記」。

2002年度の将棋ペンクラブ大賞など、受賞。著書多数。

棋士の方のお悔やみツイート

棋士の方がお悔やみのツイートをされています。

遠山雄亮五段、およびitumonさんは朝日新聞の記事を引用しお悔やみをツイートしています。

上野裕和五段。

浦野真彦八段。ツイッターでは「詰将棋指し@nenehimapapa」を名乗っています。

野月浩貴七段。思いが伝わってくるようなツイートです。

佐藤慎一五段。観戦記に関するツイートは、つい最近に見たような気がします。急だったんですね。

石田直裕四段。いろんな方に激励の言葉を掛けられていたようで・・・

森信雄七段。

加藤一二三九段。河口俊彦さんの3学年下。ほぼ同世代ですか・・・。

片上大輔六段。

えりりんこと山口恵梨子女流初段。

将棋関係者の方もお悔やみのツイート

朝日新聞文化くらし報道部で将棋も担当され縁が深い山口進さん。

観戦記者の銀杏さん。

朝日新聞の生活文化部記者である村瀬信也さん。

中継記者のmtmtこと松本博文さん。当時の事情もツイートしておられます。

まだまだ多くの方がツイートをされていますし、今後も各方面よりお悔やみのツイートや増えるものと思われます。

多くの棋士に影響を与えた河口俊彦さん。あらためてご冥福をお祈りします。

将棋ワンストップをご覧いただきありがとうございます。ぜひシェアをお願いします

記事の追記や更新の通知はツイッターで行います。フォローをよろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。