糸谷哲郎竜王の哲学的な食レポinリアル車将棋をほぼ全文書き起こしてみた

26歳にして棋界の頂点・竜王位を獲得した糸谷哲郎さんといえば、そのスイーツ好きに加えて、大阪大学大学院で哲学を学ぶという、他に例をみない才能の持ち主。

そんな彼が先日「食レポ」をしたのですが、哲学的な、なにか詩のようなそのレポートに、私は心を打たれました。

映像で観るのもよいのですが、書き起こしてみたくなりました。

できれば、子供の頃に覚えた好きな映画のセリフのように、全文記憶したいものです。

リアル車将棋にて

2015年2月8日に行われた「電王戦×TOYOTA リアル車将棋」のおやつの時間、ここで予期しない事態が発生しました。

前年の暮に、升田幸三実力制第四代名人以来の広島出身のタイトルホルダーとなった糸谷哲郎竜王が、食レポをするというのです。

ケーキの好みを決定する

食レポの趣旨はこうでした。

「車将棋の対局者である羽生善治名人と豊島将之七段がそれぞれ選んだケーキのうち、どちらのケーキが糸谷竜王の好みかを決定する」

棋界の頂点に立つ竜王が、稀代の名人と新世代の若き天才が選んだおやつをジャッジする・・・!

名人と若き天才の代理戦争

羽生善治名人が選んだケーキはモンブラン。豊川孝弘七段が思わず「俺にもクリ」と言ってしまった黄金色に輝く甘露煮の栗が山頂に鎮座するケーキ。

一方の豊島将之七段が選んだケーキはガトー・アン・フレーズ。豊川孝弘七段が思わず「ほんとに、美味しそう、ほんとにほんとに、冗談抜きで」とオヤジギャク抜きで言ってしまった、真っ赤なイチゴが白いクリームの上に乗っているショートケーキ。

その両者の正面からのぶつかり合い。

モンブラン、実食

糸谷竜王は、まず羽生名人チョイスのモンブランを実食。ぎこちない手つきでケーキに付いているフィルムを剥ぎ取ると、本体にフォークを入れ「中はこんな感じで」と視聴者サービス。

そして、クリームたっぷりのモンブランの一片を口に含むと、以下のように述べました。

クリーム部分のレポート

非常に濃厚な、栗の味
ですね
こうクリームの中の
栗の味が本当にこう
口の中で花開くといいますか
そういった感じでして

それをまたこの
スポンジ生地が非常に
うまく受けて
全体として濃厚なのに
しつこくない感じに
なっております

このレポートに対する評価

司会の永田実さんは「どなたかの棋風を表現するような、重厚な表現ですね」と述べつつ、さらに竜王に感想を求めました。

さらなる竜王の感想

濃厚なのにしつこくない
本当に、甘すぎない
いいスイーツですね

栗の感想

こっちはもう本当に非常に
こう栗の素材の良さといいますか
甘さがすっと
染みこんできます

栗の本当に
もうこのクリーム生地も
この甘露煮も
本当に同じ栗なん・・・
栗の味なんですけども
下のほうがまあ濃厚で
上の方は
上のこの栗本体の部分は
ほんと栗そのものの味が
染みこんでくるような

下はより濃厚
より濃厚でして
まあ栗の美味しさを
凝縮しているような
味ですね

ガトー・アン・フレーズ、実食

次に竜王は、ガトー・アン・フレーズを手にとりました。そのとき、永田実さんが「イチゴとクリームシャンティーニたっぷりのケーキです。クリームシャンティーニというのは私初めて聞いたんですけど、これは?」と恐れ多くも竜王に質問。

竜王は「いや、ちょっと。どうでしたかね」と述べました。

竜王はケーキのフィルムを剥がそうとしたのですが、その境目がどこかわからずフリーズ。そこに、豊川孝弘七段が「キング、ドラゴンキング。ここですね」と助け舟を出しました。

クリーム・スポンジ部分のレポート

すごいスポンジ部分が
しっかりとしている
ショートケーキですね

クリームももちろん
甘いんですけども
そうじゃ(聞き取れない)
スポンジ部分が非常に
特徴的でして
こうしっかりとした歯ごたえ
まあ歯ごたえというかこう
感触と
そしてこの優しい
包み込むような甘さ

これでやはりイチゴの
まあちょっと酸味を補って
さらにこのイチゴの味を
引き出していると
言えると思います

このスポンジが
全体のバランスを非常に
うまくとっていまして
全体としてこのケーキを
すごい美味しいものに
していると
思うんですけど

イチゴ部分のレポート

やはりこの
このイチゴって本当に
ショートケーキの醍醐味ですよね

(イチゴ食べる)

いやおいしいですね
やはり旬のフルーツ

こうショートケーキ食べてると
ちょっとずつやはり口の中
甘くなってくるんですね

でその時に
こう上のイチゴをつまむと
ちょうどよい酸味で
ほどよく中和されて
もっとこう
あと食べ進めてる意欲が
湧いてくる

いわゆるこうなんか
おしるこについてくる
しおど・・・塩昆布ですとか
そういったものの役割をですね
こう同じフルーツとケーキ
だけなのにこう
2種類の使い分けをしてるんですね

そういうのは素晴らしいやはり
組み合わせだろうと思います

糸谷竜王の判定

竜王はこの勝負に「ガトー・アン・フレーズの勝ち、つまり豊島勝ち」の軍配をあげました。理由はイチゴが旬だからだそうです。

この記事の使い方

1.ニコニコのタイムシフトで「電王戦×TOYOTA リアル車将棋」の食レポ部分を観ます。開始から5時間45分付近です。

2.繰り返し見て、食レポのだいたいの流れを掴みます。

3.セリフを記憶し、脳内に糸谷竜王の声のイメージを作ります。

4.脳内で竜王の食レポを再生できるようになりましたか?

5.あとは数日に1回、この記事を観て記憶を鮮明に保ちます。

6.1年に1回は、1の映像も観ておきます。記憶と実際がずれてくることがありますので。

これでいつでも竜王の食レポを脳内で再生できるようになります。
以上、糸谷竜王ありがとうございました。

将棋ワンストップをご覧いただきありがとうございます。ぜひシェアをお願いします

記事の追記や更新の通知はツイッターで行います。フォローをよろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。