伊奈めぐみさんのブログ「妻の小言。」に渡辺明棋王が降臨

将棋界で最も影響力があるブログの一つ、伊奈めぐみさんの「妻の小言。」に旦那さんが降臨して、将棋の専門的な質問に答えています。

伊奈めぐみさんの旦那さんは、渡辺明棋王です。伊奈さんは、旦那さんを題材にした漫画「将棋の渡辺くん」を別冊少年マガジンに連載されています。

その棋王が、奥さんのブログに降臨。これ、異例なことだと思うのですが、前例があることなんですかね。伊奈さんのブログは2007年に開始されているのですが、私が将棋ファンになったのはここ1年半ほどですし、ブログをチェックするようになったのはもっと最近ですので、もしかしたら前例があることなのかもしれません。

なお、渡辺棋王はご自分のブログもされています。こちらも人気ブログ。

返事

2015年7月22日に「妻の小言。」投稿された「返事」と題された記事では、冒頭で

専門的な質問は誌面には載せられないので、ここで旦那がお答えしておきます。

と宣言され、8つの専門的な質問に対し旦那さんが答えています。質問と回答の内容の詳細は上記のリンクを参照ください。

質問は、「別冊少年マガジン」誌上で募集している「渡辺くん大長考!」という欄外のコーナーに寄せられたもの。ちなみに最新号(2015年8月号)の同コーナーでは「Q.自分の好きなところは?」「A.頭がいいところ」のようなゆるい質問が掲載されています。上のリンク先にあるような本気の質問ではありません。

「専門的な質問は誌面に載せられない」ということですが、誌面に載せられないからといって、ブログで渡辺棋王が自ら答えてくれるとは律儀です。

確かに「Q.森門下の棋士の力将棋は異質で受け入れられない?」とか、少年誌の誌面に載るような話題ではありませんね。それでも質問したい将棋ファンの気持ちもわかりますが。・・・やっぱり将棋ファンは真面目な方が多くていいですね。

妻のシュールな返事

「妻の小言。」そのものの魅力も少しご紹介したいと思います。もちろん、私が知っている範囲ということで、ベテランの将棋ファンの方にとっては少々物足りないかもしれませんが。

先ほど「返事」と題された記事をご紹介しましたが、「妻の小言。」には「返事」という題名の記事が他にもたくさん存在します。読者から寄せられたメール(プレゼント企画やアンケート企画などで)に対して伊奈さんがシュールに答えています。

過去の質問からいくつか抜粋します。

例えば2014年8月13日の「返事」では、渡辺棋王と共通の趣味を持っているという読者からのメールに。(カギ括弧内が読者からのメール、その下が伊奈さんの答え)

「私も将棋とサッカーとぬいぐるみが好きな三十代です」
サッカーだけにしておいた方が間違いなくウケがいいです。

翌8月14日の「返事」では、渡辺棋王とすれ違ったというメールに対して。

「最近渡辺先生とすれ違いました!!(中略)うれしかったです。鳥肌が立ちました!!」
悪寒でしょうか。

さらに翌日の「返事」では。

「(将棋の渡辺くんは)日常をのぞけるのが嬉しいです」
のぞくのがお好きなんですね。

8月18日の「返事」では、佐藤紳哉六段と飯島栄治七段を漫画に出して欲しいというリクエストに対して・・・。

「たまには深夜A時を出してあげてください」
出してボツをくらいました。

かわいそうですが、それが現実なのでしょう。

同じ日、個人的に面白かったのがこれでした。

「竜王失冠してマンガも終わっちゃうかと心配しましたが、そんなこともなくてよかった」
連載前に担当さんと相談したタイトル案に「竜王」が入っているものもありました。もし付けていたら主人公は今頃森内さんです。

この返事が書かれた当時の竜王は森内俊之九段。現在は糸谷哲郎竜王。

「将棋の糸谷くん」

ネタが豊富そうです。

次の一手問題

将棋界の一部でとても話題となったのが今年5月29日の「次の一手」という投稿。

次の一手問題ですね。ただの次の一手問題じゃないです。逆次の一手問題というか、最悪の一手を見つける問題。

でも初心者だったらやってしまいそうな一手。

答えはこちらの記事に。

いや、伊奈さんは初心者じゃないんですよ。元女流育成会員(2009年まで存在した女流棋士育成機関)ですし。

ぬいぐるみ好きの日常

ブログには、ぬいぐるみ好きな旦那さんの日常が度々登場します。ちなみに、伊奈さんはアンチぬいぐるみ派。

2015年3月20日の「居間」という記事では、渡辺棋王が居間にぬいぐるみを設置する様子を以下のように書いています。

脚立をわざわざ持ってきて、いそいそとぬいぐるみを置き、一人で脚立を片付ける30歳のおっさんの姿を思い浮かべると、かなりまぬけだ

3月8日の記事では新潟に行ったはずの旦那さんがこんな姿に。

もちろん、真面目っぽい記事もあって、旦那さんの交友関係が垣間見えたり、息子さんが登場する記事もあります。

将棋界を立体的にとらえる

ところで、渡辺明棋王は週刊誌「週刊新潮」でコラムを書いています。2015年7月30日号のコラムでは「結婚」について触れていますが、別冊少年マガジン2015年8月号の「将棋の渡辺くん」でも結婚についての話題があります。夫婦それぞれが感じる結婚のメリット。

また、同じく週刊新潮7月30日号では、日本将棋連盟の谷川浩司会長が「MY ONLY」という企画に登場しボウリング(スポーツの方です)についてお話をされているのですが、この号が発売された当日の「妻の小言。」の記事でもボウリングをしたような記述があります。

伊奈さんは週刊新潮の旦那さんのコラムを読んだついでに谷川会長のボウリングの記事を読み、「なに!会長、アベレージ150か」と思い立ってボウリングに行ったんじゃないかという推測ができます。

こうやって伊奈さんの漫画やブログを追っていくことで、将棋界をより立体的に捉えることができるかもしれません。

「妻の小言。」は当サイトの「将棋関係者ブログ更新情報」にも掲載しています。よろしければご利用下さい。

このブログが漫画になった形の「将棋の渡辺くん」、まだお読みに成ったことがない方は、こちらで試し読みができます。第1巻、早く欲しいです。2年以上「近日発売予定」になっているらしいです。悲しいです。関係者の方、もしこの記事をご覧になっていたら、伊奈さんや出版社に圧力をかけてください。お願いします。

以上、ありがとうございました。

将棋ワンストップをご覧いただきありがとうございます。ぜひシェアをお願いします

記事の追記や更新の通知はツイッターで行います。フォローをよろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメント

  1. ひろ より:

    最悪の「次の一手」、まさかと思いながら「24歩かな……」と答えを見たら、もっとリアリティある「最悪」でした。
    これは泣くに泣けませんね。

    • 管理人 管理人 より:

      コメントありがとうございます。

      リアルな盤だったらやってしまいがちだと思いますね。角道見逃すの、誰でもやったことがあると思います。
      10秒で解けたら5級だそうです。

      最悪の一手問題、何かの需要がありそうなんですが、具体的にどういう需要があるかと言われると、わかりません。

      コメントありがとうございます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。