将棋連盟の理事に立候補するハッシーこと橋本崇載八段が電王戦のハメ手に「ガッカリした人がいないか心配」

2015年4月11日に行われた将棋電王戦FINALの最終第5局「FINAL of FINAL」では、阿久津主税八段が「△2八角を打たせる」というハメ手とも言える手順を用いてコンピュータソフトAWAKEに勝利。

将棋電王戦FINAL第5局は△2八角でAWAKEが投了

これに対するAWAKE開発者の巨瀬亮一さんの発言、他の開発者たち、プロ棋士たちの見解は以下の記事でご紹介しています。

AWAKE開発者・巨瀬亮一さん「ハメ手を使うプロ棋士の存在意義」を問う

そして、将棋界の異端児(?)であるハッシーこと橋本崇載八段も、本件についてツイートをしています。橋本八段は5月14日に投票が行われる日本将棋連盟の理事選に立候補を予定しているということで、その発言が気になるところです。

謹慎中なので

電王戦FINAL第5局は衝撃的な結末となりましたが、ある意味橋本八段も最近衝撃的な結末となった将棋を指した棋士。これですね。

橋本崇載八段のNHK杯準決勝「二歩」事件一部始終

NHK杯での二歩に「でも俺はめげないよ」

そんな橋本八段、「二歩の謹慎中なので」としながらも・・・

以下のようにツイートしました。

逃走中で自首

「逃走中」は、鬼ごっこみたいな番組で、芸能人たちが鬼から逃げまわるというバラエティー。逃げまわった時間が長いほど多くの賞金をもらえるのですが、鬼につかまると賞金は没収。鬼につかまる前に「自首」を選択して途中で自らゲームを降りることも可能。

芸能人らは賞金のため、ということもあるのですが、番組を盛り上げるために最後まで逃げ切ろうとするのが普通で、自首することは少ないです。むしろ自首は邪道、みたいに思われることも。

橋本八段は阿久津主税八段のハメ手使用を「自首」と表現。そして自分でもそれを選んだと述べています。

ちなみに、「強い相手に目をギラギラさせて挑んでいた」というのは以下の記事をご参考に。橋本八段自身が、阿久津八段にギラギラした目で挑まれていたんですね。

電王戦FINAL第5局PVに浦野真彦八段が少年期を振り返る

追記:
何故かこのツイートを見逃していましたので追記します。

ここで批判する、ということは・・・。

遠回しですが、棋士が勝負にこだわったのは「よかった」という見解です。

理事に当選した時を見据えたようなご発言

次のツイートの視点は、私(管理人)にはありませんでした。なるほど。私は普段からニコニコのプレミアム会員なので気づかなかったのですが、電王戦FINAL第5局を目当てに会員登録した人もいるだろう、という視点です。

ちなみに、橋本崇載八段が日本将棋連盟の理事に立候補し当選した場合、以下のような活動をするらしいです。これは4月8日の読売新聞の将棋欄に書かれていたこと。いわば「公約」ですかね。

髪を染めたり物議を醸すようなことはしない
愛好家のみなさんや協賛企業との連携を強化し一層の普及に邁進
新棋戦の創設も念頭に置いて営業努力

「新棋戦」が、どのような棋戦になるのかわかりませんが、既存の棋戦や電王戦の後継棋戦との兼ね合いも考える必要がありそうです。

そして、もう理事に当選した時を見据えたかのようなご発言。

理事になったら「想定」しなければならないのは橋本崇載八段自身となることを考えると、これは自分を追い込むかのようなご発言。覚悟がお有りということでしょうか。

疑問手?

ところで私にとって、個人的には以下の公約は疑問手かもしれません。ハッシーの持ち味って・・・

髪を染めたり物議を醸すようなことはしない

以上、ありがとうございました。

将棋ワンストップをご覧いただきありがとうございます。ぜひシェアをお願いします

記事の追記や更新の通知はツイッターで行います。フォローをよろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメント

  1. kewpiehoney より:

    管理人さん マンモス(^o^)

    >橋本八段は5月14日に投票が行われる日本将棋連盟の理事選に立候補を予定している

    …そうなんですか。

    >髪を染めたり物議を醸すようなことはしない

    理事選に立候補しようとしていること自体が、「物議を醸すようなこと」だと思いました(笑)

    • 管理人 管理人 より:

      kewpiehoneyさん、ま、マンモスです。コメントありがとうございます。

      これで棋士間でのハッシーの評価が分かってしまいますね(>_<) 落選でもギリギリ落選ぐらいにしてあげたいです。 実際理事選のシステムはよく知らないので実際に立候補されるかはわかりません。でも意欲があるのはいいことだと思います、若いのに。 コメントありがとうございます。

  2. 匿名 より:

    ハッシーは確かに言動がちょっと軽いところがあって失言をすることも多いですが
    こういう人が一人ぐらい理事になったほうが面白いのかな、とは思いますね。
    米長前会長が存命ならなんとなく賛成してたのではないかなーとw
    彼も賛否両論ある方でしたが組織の運営面で有能だったのは間違いないわけですし、
    ハッシーもそういう人になれるかどうか見ものですね

    ただ、理事になって棋力が落ちてほしくないなぁ…とも思います
    理事選よりもタイトル戦に出てくれるほうを期待してますw

  3. 管理人 管理人 より:

    匿名様コメントありがとうございます。

    いまちょっとWikipediaで理事のことを調べたんですが、結構人数少ないんですね。
    文化芸術振興局、渉外部、免状部、総務部、電子メディア部、事業本部、普及部、経理部、事業本部、関西本部の担当があって、兼務者も含めて8人。そのうち会長と関西本部はムリ、事務方が2人なんで、実質4枠。

    ハッシーの公約からして普及部か事業本部を狙うとして、現職は島朗九段と片上大輔六段。なるほど。

    あ、そうですね、タイトル戦、出て欲しいですね。むしろそのほうが将棋の認知度向上に役立つような気がしてきました。

    コメントありがとうございます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。