日本将棋連盟販売部が乃木坂46の伊藤かりんさんに非常に詳しい件。ツイッターでの言及回数も異常

2015年5月11日、日本将棋連盟販売部の公式ツイッターが以下のつぶやきを。

ツイートの前半はともかく、後半は「中の人」の思いがにじみ出ています。「勝負と噂される」とか、なにげにネット情報をチェックしているようす。

大平武洋五段も認める

日本将棋連盟販売部とは、東京・将棋会館の1階やネットショップなどで将棋関連商品を販売している日本将棋連盟のショップ。日本将棋連盟には「日本将棋連盟モバイル」などのツイッターアカウントもあるのですが、これは別物です。

販売部は今年1月27日にツイッターを開始。

多くのツイートは販売している商品やセール、将棋関連の書籍の紹介などですが、乃木坂46の伊藤かりんさんのことをツイートされることもあります。

ちなみに、上記ツイートについて、アイドルに詳しい大平武洋五段は以下のようにツイート。

やっぱり!!

大平五段といえば、戸辺誠六段を乃木坂46のライブに誘っており、時々乃木坂や伊藤かりんさんのこともツイートされています。

大平五段が詳しいのはよく知られていると思いますが、日本将棋連盟販売部の中の人も詳しいようです。

ブログは欠かさずチェック

実はこれまでも、日本将棋連盟販売部は度々伊藤さんのことをツイートしています。

例えば以下のツイート。

このように、中の人は乃木坂46のブログをチェックしていることがわかります。本文だけではありません。

コメント欄もしっかりチェックして、ファンの反応を見ています。

この後も伊藤さんのブログが更新されるたびに、その内容をツイートしたり、ファンの反応をツイートしたりしています。

心配したり

また、このように伊藤さんのことを心配したり

同じグループのメンバーである佐々木琴子さんのこともチェック。

「恋の藤井システム」騒動(乃木坂さんの新曲のタイトルが「恋の藤井システム」になるのでは?と言われた騒動らしい)も抑えています。

応援したり

さらに、伊藤さんの現状をレポートしたり。

熱のこもった応援のツイートをしたり。

細かい話題も拾います。将棋フォーカスの進行は「良かった」。

異常に詳しい

どうやって調査したのかわかりませんが、このようなツイートも。BSまでチェックです。

異常な言及率

手元で簡単に集計したところ、2015年5月11日20時の時点で、日本将棋連盟販売部のツイッターは385回のツイート・リツイートをしているのですが、そのうち32回は乃木坂・伊藤かりんさん関係のものでした。12回に1回ぐらいの割合で伊藤さんのツイートをしていることになります。

これも手元の簡単な集計でしかないのですが、同アカウントが最も言及している人物は羽生善治名人(約40回)で、その次がなんと伊藤かりんさん。

糸谷哲郎竜王、渡辺明棋王、郷田真隆王将といったタイトルホルダーでも、多くても20回程度です。

それに比べると伊藤さんへの言及回数は、異常かと思います。果たして、販売部の中の人にどういう思いがあるのでしょうか。

それともただのアイドルオタクなのでしょうか。

将棋ワンストップをご覧いただきありがとうございます。ぜひシェアをお願いします

記事の追記や更新の通知はツイッターで行います。フォローをよろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。