羽生善治「王将」が旅したことがない盤上の地点10ヶ所を当てるクイズ

羽生善治名人がこれまで1817局の公式戦を対局(2015年4月21日時点)した中で、その玉(または王)が行ったことがない盤上の地点はどこか?
(ただし後手の場合は1一を9九と読みます。つまり羽生玉の初期地点は常に5八とします)

誰もが疑問に思うその問いに、中村修九段が答えをくれました。

これは2015年4月22日にニコニコ生放送で中継された第73期名人戦(羽生善治名人VS行方尚史八段)第2局1日目の解説に登場したときに、発表してくれたもの。

答えを知らない方は考えてみてください。

ヒントは、敵陣3段目(◯三)が1ヶ所、2段目(◯二)が3ヶ所、そして1段目(◯一)が6ヶ所で合計10ヶ所です。

羽生王将の旅

この日の対局は非常にゆっくりとした進行。ニコ生解説では過去の棋譜の振り返りなどをして、時間を消化していました。

それでもなかなか対局が進行しないため、解説の中村修九段が「じゃあね、ここでアンケートをしましょう!羽生『王将』の旅!」と言い出しました。

そして、羽生名人の「王将」が盤上、行ったことがない場所を「調べてきた」と述べました。

その研究に、聞き手の山口恵梨子女流初段も「さすがです!先生!」と感動。私(管理人)も感動しました。

そこで冒頭のクイズが出題されました(実際にはもう少し細切れに出題されました)。10ヶ所、どの地点でしょうか?

karanoban

では、正解発表。

3三玉はない

まず3三玉は旅したことがないそうです。ただし2回、入られたことはあるのだとか。相手は森下卓九段と、木村一基八段。森下九段戦は持将棋に、木村八段の玉は捕まってしまったそうです。

さて、あと9ヶ所は一気に発表してしまいます。

正解発表

こちらです。

habugyokunotabi

3三に加えて、2二、2五、2七、そして1一、1二、1四、1五、1六、1八が行ったことない地点。

羽生名人はオールラウンダーですが、どちらかと言うと居飛車が多いので、盤面左側から入玉するケースが多いのだと思われます。

ありがとう中村修九段

中村九段は、このクイズの途中「こんなことで時間潰していていいのだろうか」とか「すみません、くだらないことに、真面目にアンケートで付き合っていただいてありがとうございます」とかおっしゃっていました。

いやいや、とても面白いクイズです。中村九段は「細かい字でいっぱい書かれた」(山口女流証言)、ノートをご持参されていました。

この研究で羽生名人を攻略できるのでしょうか。とてもそうは思えません。しかしこのような地道な基礎研究は、誰にでもできることではありません。

中村九段、このような有意義な研究を、ありがとうございました。

将棋ワンストップをご覧いただきありがとうございます。ぜひシェアをお願いします

記事の追記や更新の通知はツイッターで行います。フォローをよろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。