将棋の普及とお金の話。「将棋を世界に広める会」のシンポジウムで気になったこと(その1)

2015年10月3日に「将棋を世界に広める会」の設立20周年シンポジウムが開催されました。

この記事では、シンポジウムでの講演やパネルディスカッションにおいて、私(管理人)が個人的に気になった発言を、いくつかピックアップしてご紹介したいと思います。

なお羽生善治名人も記念講演をされました。羽生名人の講演については別の記事に書きました。

羽生善治名人「ハム将棋はめちゃくちゃ弱い。何しろ相手はハムスターですから」

囲碁は金持ち、将棋は庶民・貧乏人がやるイメージを払拭して欲しいという依頼に対する羽生善治名人の答え

気になった話・・・まずはお金の話が多かったですね。タイトルの通り、今回はお金の話を中心にしました。

書いているうちに長くなってきたので、やや乱暴に要点だけをピックアップしてあります。あとは私の雑感が書いてありますので、そこは読み飛ばしても良いと思います。流れを含めた詳細を知りたい方は、コメント欄にコメントいただくかお問い合わせをいただきますとお答えいたします。

出演者

簡単に出演者の方について触れておきます。

青野照市九段
日本将棋連盟の専務理事。偉い人だっていうことは存じておりますが、最近では豊川孝弘七段のオヤジギャグ「青野とるいち」でイメージ激変中。

北尾まどか女流二段
どうぶつしょうぎの開発者として有名。「株式会社ねこまど」の代表取締役。海外での普及活動を多数している。

カロリーナ・ステチェンスカ女流3級
外国人で史上初の女流3級。ポーランド出身で現在は日本の大学に通う。詳しくはこちらの記事で。

川崎智秀さん
通称HIDETCHIさん。国際的なネット上の対局場である「81Dojo」の管理人。英語による将棋動画をYouTubeにたくさんUpしている。すみません、私、このシンポジウムを観るまであまり詳しく存じあげなかったのですが、すごい方だった。この記事では登場しませんが、お手本のような素晴らしいプレゼンでした。

海外へ行くこと

「将棋を世界に広める会」ですから、海外への普及の話が中心となります。まず青野九段の発言から。

青野九段「将棋の海外普及というのは、自腹で海外に行った人と、将棋連盟からギャラをもらって行った人では全然モチベーションが違う。今後、モチベーションが高い棋士をいっぱい作っていきたい」

やはり自分のお金を出してまで行っている人は違うと。青野九段の「作っていきたい」というのは仕組み的な話なのかなと思いました。

例えば一般の会社でも、昇進する時に単に仕事の実績だけじゃなくて、社外での活動も加味される(社外でどんな講演したとか、著書がどれだけあるとか、特許を取ったとか)ところもあるので、棋士も昇段する時に普及活動のことを加味するとか。でもそうすると段位の意味が変わっちゃうので、段位とは別の処遇方法があってもいいかなと漠然と思いました。

将棋用具の現地生産

北尾女流が紹介したチェコの駒の話。動きが書かれている駒です。以下のツイートをご参照ください。

この駒は現地の夫婦(?)が2人体制で量産しているらしい。彼らは他に仕事をしているわけではなく、将棋の普及事業を専業にしているとのこと。成り立つんですね。青野九段はこれに関連して以下のような話もされていました。

青野九段「チェコの駒と同じように、動きが書かれたものは日本でも『スタディ将棋』として将棋連盟公認で3000円程度で販売していて、これはかなりたくさん売れている。その売上は『こんなに売れてんの?何でもかんでも売ってるうちの販売店とあんまり変わらないんじゃないか』という具合」

そういえば藤井聡太二段もスタディ将棋で将棋を覚えたらしいです。やっぱりこういう入門者向けのものは売れるんですね。

このような動きが書かれた駒、他の国でもビジネスとして成り立つ可能性があるんじゃないかと思いました。日本から将棋の用具を輸出するときは、検疫や関税の問題があるようです。それが逆に現地生産であれば優位になる。外国に居住の方はご検討されたらよいと思います。

英語書籍の売上

将棋の英語書籍の売上について。

北尾女流「ねこまどが最初に出版した英語書籍『Joseki at a Glance』(2011年、原著は『将棋・ひと目の定跡』)は、2000部刷ったが、ちょっと作りすぎた。1000部は捌けている。他にも500部、1000部刷った本があるが半分ぐらい捌けている」

ビジネスとしては微妙な売上ですが、海外に普及するためには英語の書籍は必要なものですね。ただ現状の英語書籍は基礎的な内容が中心であり、カロリーナ女流によれば「ねこまどで売っている本だけでは、現在の強さにはなれない」ということでした。カロリーナさんの日本語初めて聞きましたけど、かなりペラペラです。日本語力があってこそ、日本語の本を読むことができ、現在の棋力になったと思われます。

青野九段は「自分の本を翻訳してくれる人がいてくれたらなあ」というようなことをおっしゃっていました。

私の個人的な考えですが、日本語の文章には「翻訳しやすい文章」とそうでない文章が存在すると思っています。

特に将棋のような専門的な用語がある場合。例えば「先手の桂跳ねは味がよく、後手はまとめ方が難しい」「角が息苦しくなり、後手が指せる」というような表現は、「将棋をわかっていて、かつ英語もできる人」でないと翻訳できないんじゃないかと思います。

「将棋はあまり詳しくはないけど英語はできる人」や「英語は少々頼りないが将棋はわかっている人」でも翻訳できるようになれば、翻訳のハードルは下がりそう。なので将棋における「翻訳しやすい日本語の書き方」というのを、研究していく必要があるのかなと。

翻訳されることを想定する文章、翻訳して欲しい文章は、その書き方になるべく従うようにする。そういうのが定着すると、翻訳コストが下がり、翻訳される本の数も増えるんじゃないかって思いました。

タイトル戦の宣伝効果

将棋ファンになる前は、タイトル戦って地味にやっているイメージがあったんですが、自治体にとってもいいことがあるようです。

青野九段「将棋のイベントは人も呼べるし自治体にとっても宣伝効果も大きい。タイトル戦をすれば、全国の新聞に掲載される。自治体の広報価値は2日制のタイトル戦で2億5000万円、女流棋戦で6000万~7000万円、名人戦クラスだと5億を超えるぐらいの価値がある。かなり宣伝効果がある」

これは大きいなと思いました。名人戦で5億円以上ですか。電王戦はどうなんでしょうかね。あれはあれですごい宣伝になりそう。

普及と利益追求は両立可能か

普及をして、それで利益があがってビジネスとしても成り立てばいいことですが。

北尾女流「残念ながらねこまどは儲かってません。社長の給料が出ないぐらい。徐々には良くなっている」

将棋専業としては大手のねこまどさんでもあんまり儲かってないみたいです。そして無給・ボランティアによる普及活動では限界があるという話も。

北尾女流二段「ボランティアでやっていると続かない。人に頼って、善意だけで成り立っている形だと疲弊してしまう。スポーツ競技だとスポンサーがついて、そのために働く人がいて、イベントが構成されている。将棋もそういう形で広がっていき発展していくためにはある程度お金を回していかなければならない。普及は投資であり、ファンが増えたり上を目指す人が増えると、利益が上がってくる。すると関わる人も増やせて、さらに将棋の世界普及が進むという信念で(会社を)運営しています」

現在ボランティア・無給でやっている人が利益をあげて関わる人を増やしていく、といったモデルがいろんな形でできればいいなと思いました。これはネット上でもそうですね。例えば当サイトも一応将棋の普及を理念に掲げていますが、寄稿いただく方には現在無償でしてもらっています。少しでもお礼を出せればなーとか思ってるんですが(とても難しい)。

冒頭書きましたとおり、ちょっと乱暴ですがシンポジウムで気になったことをあげてみました。

以上、何かの参考になりましたら幸いです。

将棋ワンストップをご覧いただきありがとうございます。ぜひシェアをお願いします

記事の追記や更新の通知はツイッターで行います。フォローをよろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメント

  1. さむ より:

    いつも楽しく拝見させていただいております。ありがとうございます。
    「味が良い」などの将棋の専門用語は、日本語の中においても独特な表現ですので、翻訳は確かに難しいですね。直訳して「Tastes good」などとすると何の話だか分からなくなりますし(笑)
    私は以前、日本の伝統文化を海外に伝える仕事に携わったことがあります。文化と言語は表裏一体の関係にありますので、そもそも英語圏に存在しない概念を、英語の一般的な表現でいかに表現するかという点に苦心しました。
    将棋の場合も、チェスの英語教本などを参考にしながら、ある程度は英語圏で一般化された表現に置き換えられれば、よりスムースに翻訳できるかもしれません。

    • 管理人 管理人 より:

      コメントありがとうございます。
      いつもご覧いただきましてありがとうございます。

      そうですね。将棋に限らず、そのようなことはありそうですね。その点まだ将棋はゲームなので、伝統文化の中でも容易なほうなのかも。

      私の経験では、専門性の高いグローバル企業なんかは日本語の書き方をかなり意識していると思います。特に、全員が全員英語ができるわけじゃない、という状況においては日本語の書き方ひとつで翻訳する時の助けになり、意思疎通がスムーズになると思っています。よく言われるのが日本語は主語がなんなのかわかりにくいということですね。

      将棋の場合は、幸いにして川崎さん(81Dojo管理人)の将棋用語の英和辞典が存在していまして、これは役に立つと思います。

      ただ、例えば「広い」と言うと、「玉が広い」→「玉の逃げ道が多い」、「手が広い」→「選択肢が多い」など複数の意味があったりして、将棋が分かる人じゃないと混乱するかも。また文法の問題で言えば「先手が角を逃げると・・・」とかいう表現もありますが、これは「先手が角を逃すと」にしたほうが、自動翻訳するときもスムーズかなと。

      とかいろいろあるんですが、将棋独特の日本語表現というのも味わいがあっていいんですよね。

      コメントありがとうございます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。