ゴキゲン中飛車の▲5八金右超急戦は藤井猛竜王の新手。繰り返す。ゴキ中超急戦は藤井竜王の新手

後手のゴキゲン中飛車に対して、先手が▲5八金右とあがって▲2四歩と決戦する対策は「超急戦」と呼ばれますが、これを最初に指した棋士をご存知でしょうか。

知らない方も多いと思います。

実はこの手を最初に指した本人も「なぜ自分の新手だと書かれないのか」と不満を述べているのです。その方の功績をたたえるためにも、この「超急戦」誕生の経緯をご紹介したいと思います。

ゴキゲン中飛車に対する超急戦とは

簡単にこの戦法をご紹介します。

普通、ゴキゲン中飛車(角道を止めずに中飛車にする)は後手が指しますので、超急戦は先手の作戦です。

kifu20150707-6手

後手のゴキ中に対し、先手は▲5八金右とあがります。

kifu2015070715-7手

その後、後手が△5五歩と突いてきたところで、▲2四歩と踏み込みます。

kifu20150707-9手

後手が△同歩と応じ先手は▲同飛。

kifu20150707-11手

ここから後手は△3二金と穏やかに応じることもできますが、それが不満であれば△5六歩と飛車先を突きつつ角道を通し乱戦になります。△5六歩には、以下▲同歩 △8八角成 ▲同銀 △3三角 ▲2一飛成 △8八角成。お互い大駒を成り一気に終盤のような戦いになります。

kifu20150707-18手

自慢になるのは嫌だけど

雑誌「将棋世界」の2015年8月号には、佐藤康光九段、藤井猛九段、菅井竜也六段という升田幸三賞受賞者3人による「創造の原動力」と題された座談会が掲載されています。この座談会は3回シリーズのようで、8月号に掲載されているのは「中編」。

この座談会で、構成の鈴木健二さんが「新戦法の誕生秘話があれば教えていただきたい」と3人に尋ねたところ、藤井猛九段が

自慢みたいになるのは嫌だけど、まあいい機会だから話そうかな。ゴキゲン中飛車の「▲5八金右超急戦」というのがあるじゃないですか。あれは一応、僕の新手ですが、知っていますか。

と、超急戦の話を始めます。

タイトル戦ですよ?

藤井九段がこの戦法を生み出したのは1999年度の第12期竜王戦。

当時は藤井竜王。

ゴキゲン中飛車を武器とする挑戦者の鈴木大介六段を迎え撃つ必要がありました。しかし当時はまだゴキ中に対しての対策は少なかったようです。

特に藤井九段の棋風に合う対策はなかったそうで、その時の苦悩と新手を思いついた経緯を以下のように振り返っています。

死に物狂いで考えた。だってタイトル戦、しかも竜王戦ですよ?
(中略)
そのうち、左の金を▲6八金と上がって、▲2四歩からの決戦になった将棋が僕のアンテナに引っかかった。それをヒントに「▲5八金右の形で▲2四歩の決戦をやれないか」というのが新しいアイデアです。
(中略)
▲5八金右は前にもあった手だけど、▲2四歩の決戦に踏み込んだのは僕が初めてでしたね。舞台はタイトル戦ですよ?

タイトル戦ですよ?竜王戦ですよ?と繰り返す藤井九段。

なお▲6八金と▲5八金右の違いは、後手に穏やかに対応されて上に掲載したような手順の大決戦にならなかったときに、玉を囲いやすいということです。

「藤井新手」と書かれたことがないのはなぜ

藤井九段は、それ以来16年間指されているこの作戦について以下のように不満を漏らしています。

実戦例は300局を軽く超えている。なのに、▲5八金右が「藤井新手」と書かれたことがないのはなぜでしょうか?

この厳しい問いに、構成の鈴木さんは

申し訳ございません。今度からはそう書きます(笑)。

と応じています。

若手棋士は誰も知らない

藤井九段によれば、この手が自分発祥だということは「いまの若手棋士は誰も知らない」ようです。菅井六段も知らなかったと述べています。

ただ、藤井九段は

別に『藤井新手』と呼んでほしいわけじゃないけど

とも発言しています。「別に」~「わけじゃないんだからね」のフォーマットはツンデレのそれです。

なお、実戦(第12期竜王戦第4局)は、▲2四歩 △同歩 ▲同飛に鈴木六段が△3二金と応じています。

kifu2015070715-12手

本局の結果は藤井竜王の勝利に終わっています。

僕のおかげじゃないの?

この座談会は他にも多く見どころがあります。

藤井九段に関して言えば、自分(藤井九段)が出した新手で勝った棋士に対して「僕のおかげじゃないの?お歳暮ぐらい贈ってよ」と述べたり、「ちょっと長くなってもいいですか?」と振り飛車の楽しみについて延々と語る場面もあります。

詳しくは将棋世界2015年7、8、9月号を(この記事の部分は8月号です)ご覧ください。

ご覧になる前に、藤井九段の映像を見てイメージを高めてから読むと、より効果的だと思います(何に効果があるのかは人それぞれ)。

以上、この記事により▲5八金右超急戦が藤井猛九段の新手だと知っていただく人が一人でも多く増えましたら幸いです。

ありがとうございました。

将棋ワンストップをご覧いただきありがとうございます。ぜひシェアをお願いします

記事の追記や更新の通知はツイッターで行います。フォローをよろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。