NHK将棋フォーカス、2015年4月~聞き手・藤田綾女流初段、講師・佐藤康光九段

NHKの将棋番組「将棋フォーカス」についてです。

NHKテレビテキスト「将棋講座」の2015年3月号によれば、2015年3月まで番組で講師を務める豊川孝弘七段にかわって、同年4月から佐藤康光九段が講師を務めることがわかりました。

そして、ちょっとサプライズ。聞き手は藤田綾女流初段となることもわかりました。これは同テキスト3月号88ページの「テキスト感想戦」のコーナーの最後でこっそりと発表されています。ちょっと驚きました。

聞き手・藤田綾女流初段の意味は・・・

私(管理人)が将棋を見始めたのはここ1年ちょっとですので、将棋フォーカスの進行役はつるの剛士さんと、岩崎ひろみさんがおなじみでした。

調べてみると、つるの剛士さんは2011年から(前身番組である「将棋講座」から)、岩崎ひろみさんは2012年の番組開始当初から出演されているようです。

将棋に詳しくない岩崎ひろみさんが初心者の目線で、つるの剛士さんはちょっと上級者の目線で、講師の方に質問したり、いろいろ意見をおっしゃったりしていたと思います。

が、藤田綾女流初段がこの聞き手を務めるということは・・・?

つるの剛士さん、岩崎ひろみさんはどうなるのか

藤田綾女流初段は、初心者とかちょっと上級者とかではなくて、完全なド玄人ですから、現在のお2人とはまた違う立場で聞き手をされると思います。

ただ、現在のつるの剛士さん、岩崎ひろみさんに加えて聞き手3人体制というのはたいへん考えにくいです。

上記のNHKテキスト3月号「テキスト感想戦」では、佐藤康光九段が講師を務める「佐藤康光の勝つための詰みのセオリー」という講座をやるということ、2015年4月は頭金についての講座であるということ、そして「聞き手は藤田綾女流初段。ご期待下さい」的なことしか書いてありません。現在の聞き手の今後については触れず。

ということは、お2人は交代される。または少なくともお1人は交代される。そう考えるのが自然ですか。囲碁フォーカスも講師と聞き手の2人だけですし・・・。

追記:その後、お2人とも番組を卒業することがわかりました。詳しくはこちらの記事で

テーマは「佐藤康光の勝つための詰みのセオリー」

藤田綾女流初段が聞き手になると知って驚いて、聞き手のことばかり書いてしまいました。

講師は佐藤康光九段です。

にわか将棋ファンの私は最近わかってきたんですが、佐藤九段はかなり面白い方ですね。リアル車将棋のときも「ヴィッツが足りない」とかおっしゃったりして、もう夢中になりそうです。

そして講座の内容はいよいよ終盤。「勝つための詰みのセオリー」です。

藤田綾女流初段は人気です

最後にまた藤田綾女流初段のことを書いてしまいますが、前年まではNHK杯の棋譜読み上げを担当されていましたし、ニコニコ生放送では安定した聞き手ぶりを披露なさっています。ニコ生では大手生主(ニコ生を配信する人を生主と言い、視聴者が多い生主を大手の生主と言ったりします)と言われたりして人気です。

女流棋士のなかでもトップレベルの人気ではないでしょうか(体感です)。そして面白い佐藤康光九段が講師。というわけで、4月からの将棋フォーカスも楽しみです。

将棋ワンストップをご覧いただきありがとうございます。ぜひシェアをお願いします

記事の追記や更新の通知はツイッターで行います。フォローをよろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    長い間将棋フォーカスお疲れさまでした
    つるちゃん大大好きです♪

    • 管理人 管理人 より:

      つるのさんのファンの方ですね。前身の番組からでしたね、お疲れ様でした。
      つるのさんは他にも将棋番組に出られたこともあるようですので、ぜひ今後とも注目してください。

      コメントありがとうございます。

  2. つるの剛士 より:

    くだらん将棋説明するな…犬でも分かるわい。内容深い説明をしろや
    テレビで見てるんやぞ、ボケ
    ちゃんと上級編で解説をやれ

    • 管理人 管理人 より:

      コメントありがとうございます。

      つるのさん???

      さすがに犬はわからないと思いますが、上級者にとっては物足りないかもしれませんね。
      テキストによればこれからレベルがあがっていくと思います。

      初心者の友人は楽しんで見ているようですし・・・

      コメントありがとうございます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。