将棋の駒をファイアーエムブレム風「ユニット」として紹介する動画が面白い

ニコニコ動画には、以前紹介した「将棋不動産」「飛車厨VS角厨」のように、将棋をあまり知らない人でも楽しめる動画が投稿されることがあります。

今回もニコニコ動画のなかから面白い動画を見つけましたのでご紹介します。

ファイアーエムブレム風に駒の能力を説明

「ファイアーエムブレム(FE)」というテレビゲームをご存知でしょうか。私は最近はマリオかバイオハザードぐらいしか好んでゲームをしないのですが、昔はいくつかやることもありました。

ファイアーエムブレムは、過去に一時期だけやっていたり、あと友人がやっているのを見ていたことがあるのですが、今思えば将棋的要素があります。いわゆるシミュレーションロールプレイングゲーム(SRPG)で、四角いマス目を動く駒(ユニット)や、自軍と敵軍による戦闘、駆け引きなどが将棋との共通点。

ユニットには、攻撃力や守備力といった能力値が存在します。将棋の駒のように相手にぶつかったら即倒せるのではなく、自分の攻撃力と相手の防御力などの能力による戦闘で、相手の体力を削っていき、最終的に体力がゼロになると倒すことができる、という感じです。

また、移動能力のパラメータもあります。FEの移動が将棋と違うのは、1マス動ける(歩、銀、金、玉)かまっすぐずっと動ける(香、角、飛車)かといった感じではなく、ユニットによって5歩動けるとか、8歩動けるとかがあることです。

前置きが長くなりました。以下がその将棋の駒をユニット風に紹介する動画です。

昇格すると射程を失う

将棋の駒を、なにかゲームのキャラクターのように大げさに紹介されているのが面白いです。FEは戦争のゲームですので、戦争や兵器っぽい例えをしています。

例えば、銀は「昇格すると斜め後方の射程を失う」とか、桂馬は「他のユニットを飛び越える唯一の航空兵力」と説明されます。

漫画のような弱点

かと思えば一転して、角は「懐に入られると脆いという漫画のような弱点」とか、竜王は「最強のユニット。名前まで上司より偉そう」とか、面白おかしく説明されます。

「移動」以外のパラメータって・・・

前述のとおりFEの各ユニットには「攻撃」「防御」「命中」「回避」などの能力値が設定されているのですが、将棋の駒ではこれらはあってないようなものです・・・。ですが一応、これらの能力も説明されています。

これが発想の勝利というやつですか

出来としてはちょっと雑な感じなのですが、楽しい発想であることには変わりありません。

ライターのいしかわごうさんが将棋の局面をサッカー用語で例えたりしていますが、これに似た感覚で面白いです。

サクッと短時間で観れますしいいですね。次回作にも期待。

以上、動画のご紹介でした。

将棋ワンストップをご覧いただきありがとうございます。ぜひシェアをお願いします

記事の追記や更新の通知はツイッターで行います。フォローをよろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。