将棋電王戦FINAL第4局、ponanza開発者・山本一成さん「負ける時は最後まで」と王手ラッシュを予告

プロ棋士とコンピュータソフトが5対5で団体戦をおこなう将棋電王戦FINALですが、既に行われた第3局までは、なんとも電王戦らしい戦い、そして結末を迎えてきました。

Aperyの王手ラッシュ

永瀬拓矢六段の角不成

やねうら王の勝因「電王手さん」

そして、2015年4月4日の第4局(△村山慈明七段VS▲ponanza(ポナンザ))ですが、ponanzaの開発者・山本一成さんは対局前日に「ponanzaが負ける時は」として以下のようにツイートしています。

お見苦しいところがあるかもしれません

山本さんのツイートがこちら。

「最後まで指させる」とは、第1局でコンピュータソフトAperyが見せた「王手ラッシュ」のようになるものと思われます。

この王手ラッシュについては、当日の解説をしていた鈴木大介八段が「見たくない」とコメントするなど、いろいろ議論がありましたが、日本将棋連盟の片上大輔理事が「不快ではない」、第1局の観戦記者の先崎学九段も「楽しい」と書くなど、その後は「コンピュータらしい」として受け入れられていると思います。

それでも、山本さんの「お見苦しい」とは人間の感覚で、開発者として述べているのだと思います。

当日の朝

山本さんは、当日の朝、以下のようにツイート。

村山慈明七段もいろいろ準備をしてきていますが、上記のように、山本一成さんも将棋ソフト開発、そしてこの対局にかけるものがあると思います。

村山七段が勝勢となりponanzaが「王手ラッシュ」するのか、それともponanzaがプロ棋士相手に3連勝となるのか、注目の第4局は以下からご覧になれます。

将棋ワンストップをご覧いただきありがとうございます。ぜひシェアをお願いします

記事の追記や更新の通知はツイッターで行います。フォローをよろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。