電王戦FINAL第2局、永瀬拓矢六段が鬼手△2七同角不成でSeleneのバグをつき停止させ勝利。プロ棋士連勝スタート

2015年3月21日に開催された将棋電王戦FINAL第2局(後手・永瀬拓矢六段 VS 先手・コンピュータソフトSelene)は、永瀬拓矢六段が88手目に鬼手△2七同角不成を見せ、Seleneが停止。

どうやらこの角不成で、Seleneが投了信号を発した模様。

この対局の扱いを巡って立会人らが協議した結果、永瀬拓矢六段の勝利が確定しました。詳細な棋譜は日本将棋連盟モバイルなどでご確認ください。

△2七同角不成?!

力戦の序盤から中盤、そして終盤の入り口に差し掛かったところ、永瀬拓矢六段が88手目を指した時に事件は発生しました。

なんと永瀬六段は、直前に打った角を不成で敵陣に侵入させました。

読み上げの飯野愛女流1級が「後手、2七同じく角成らず」と読み上げると、ニコニコ生放送で解説していた屋敷伸之九段は「な、成らず!?え?な、成らず?意表、意表の惑わせる手筋ですかね」「珍手が出ましたね」と驚きました。

当初、この「不成」は永瀬六段がSeleneの読み筋を外し、時間を消費させる戦略かと思われました。

Selene、バグって停止。投了信号

しかし、これによってSeleneはまさかの停止。

ロボットアーム・電王手さんは投了しなかったものの、棋譜コメントによれば、Seleneは投了信号を送った模様です。

このまさかの停止で、立会人の三浦弘行九段らは対局の扱いをめぐり協議に入りました。

永瀬拓矢六段は知っていた

実はこの不成による投了、永瀬拓矢六段は事前に知っていたようです。

開発者の西海枝(さいかいし)昌彦さんによれば、Seleneは角、飛車、歩の不成に対応していないとのこと。

それを永瀬六段は事前に見切っていた模様。

しかしそれであれば、18手目の△8八角成でもこのバグを突くチャンスはあったと思われますが、あえてその場面では見送り、この88手目まで待ち必殺技を炸裂させたことになります。

策士の戦略は千日手ではなかった

永瀬拓矢六段は、事前の「電王戦FINALへの道」というドキュメンタリーで「勝ち負けではない方法を研究している」と述べていました

そのときは、これは永瀬六段得意の「千日手を目指す」ことではないかと言われていましたが、まさかこういう手があったとは・・・!

Seleneは別の手を指していた

電王戦を担当する日本将棋連盟の片上大輔理事によれば、Seleneはこの88手目を受けて▲2二銀と指していた模様。△2七同角不成は王手ですから、この王手を放置した▲2二銀は反則ということになります。したがって反則負け、投了になります。

角成でも永瀬拓矢六段が有利

棋士らの検討によれば、88手目で△同角歩成とせず、△同角成でも後手に勝ち筋があった模様です。

それでも永瀬六段はこの鬼手を決行した、ということになります。

プロ棋士2連勝

これでプロ棋士は、第1局の斎藤慎太郎五段に続き2連勝となりました。

この対局は他にもいろいろ見どころがありましたので、詳細は追ってお伝え致します。

Seleneの反則負けに関する棋士・関係者の見解

永瀬拓矢六段が角不成を選んだ理由

なお、注目の第3局は3月28日、先手・稲葉陽七段VS後手・やねうら王によって行われます。

将棋ワンストップをご覧いただきありがとうございます。ぜひシェアをお願いします

記事の追記や更新の通知はツイッターで行います。フォローをよろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。