棋力の男女差は何が原因? 統計分析を行った論文の紹介

はじめまして。TwitterでUlyemonという名前でつぶやいているものです。

たまたまチェスでの棋力の男女差に関する興味深い論文を見つけ、将棋ワンストップ様に紹介したところ、寄稿させていただけることになりました。ご参考になれば幸いです。

また本稿では以下の論文及び論文中の図を引用しており、引用箇所には[*]をつけています。

Christopher F. Chabris,Mark E. Glickman:
Sex Differences in Intellectual Performance:Analysis of a Large Cohort of Competitive Chess Players
Psychol Sci. 2006 Dec;17(12):1040-6
(以下のURLで閲覧が可能です。
http://math.bu.edu/people/mg/research/SexDiffsChess.pdf)

はじめに

 棋力の男女差は定期的に挙がる話題で、最近では里見香奈さんの奨励会三段リーグ入りの記事でよく見かけました。すると大抵その原因は何かという話になり、空間認識などの能力の差、向き不向き、棋風の違い、普及の差、社会的影響など様々な説が出てきますが、どれも憶測の域を出ず・・・というのが常です。
 実はこの棋力の男女差はチェスでも生じているのですが、欧米ではチェスが様々な分野で研究の対象になっていることもあり、この差の理由を研究した論文もあります。今回はその中から1つの論文を引用しつつ、棋力の男女差について考えてみようと思います。但し、あくまで一論文の主張に過ぎないという事はご留意ください。
 なおこの論文では、大会参加者のレート、生年月日、性別などが記録されているアメリカ合衆国チェス連盟(USCF)のデータベースを使い、1992~2004年にかけて256,741人のプレイヤのデータを用いた統計的分析を行っています。

棋力に男女差はある?

 棋戦や大会を見るに、現状はプロアマ共に男女差があると言えると思います。但し、性別の違いに囚われて、他の原因によって生じた差を男女の違いによるものだと認識してしまっている可能性はあります。
 この論文では、単に男女のレートの平均を取るとレート差は450~500だが、年齢、直近1年の対局数、直近3年の対局数という3つの要素を統制すると、レート差は150~200に減るとしています[*]。将棋でも実は見かけより性別による棋力差は小さいのかもしれませんね。
 しかし、差があることは確かです。その原因として何が考えられるでしょうか?

能力が違う?

 「男女で能力に違いがある」という意見はよく見かけますし、そのような研究も見られますが、その違いが将棋やチェスの能力に直結する、とするのは早計です。
 この論文では、「上達しやすさに男女差があるか」に着目し、年齢とこれまでの対局数が似通っている5~25歳の男女1人ずつから成るペアを647組作って、10年間のレートの推移を見る実験を行いました。結果は何年たっても男女にレート差はほぼ生じず、上達しやすさに男女差があるという説を否定する結果になりました[*]。
 また、将棋の棋力の男女差の話になると、空間認識能力という能力がよく出てきます。実はチェスでもこの能力は棋力に関係するのではないかと言う説があります。既にこの能力については、「男性ホルモンの影響によって思春期に男女差がより広がる」という研究結果があり、もしそうなら思春期に男女のレート差が広がることになりますが、実験結果ではそのような差は生じていません。このことから、空間認識能力がチェスのスキルに影響するという説も否定する結果になっていると言えます。
 では全体で見ると上達しやすさに男女差は無くても、「プロになれるような一握りの天才の出てきやすさに男女差があるのではないか」という説が思いつきますが、この説も否定しています[*]。どのレートの人がどれくらいいるか、という分布を男女それぞれで作り、その分布の偏り具合を比較したところ、(分布が偏っているほど突出した人が出やすい事になる)女性の方が偏った分布になっていました。
 このように上の二つの能力について男女差は見られませんでした。将棋とチェスの類似性を考えると、将棋でもこの結果と同じような事が言えるのではないかという気がします。将棋でも同様の実験をやってみれば良いのですが、このデータベースが将棋にはないと思うので厳しいです。この辺りはちょっとチェスがうらやましいですね。
 では何が棋力の男女差の原因なのかと考えた時、次に思いつくのは継続力です。
 

継続力が違う?

 能力が同じでもやり続ける年数に男女差があれば、長く続けた方がより上達するため、当然棋力に男女差が生じます。「男の方が熱中しやすくて凝り性」などという人もいますが、チェスでは本当にそう言えるのでしょうか。
 そこでこの論文では、「積極的にやるようになってからあまりやらなくなるまでの年数」を男女で比較しました。結果、あまりやらなくなるまでの平均年数は、男性が1.95年、女性が1.74年となり、差がある・・・ように見えます。ですが、先ほどの実験で使った男女のペア647組を対象に同様の平均年数の比較を行ったところ、ほぼ同じであるという結果でした[*]。この食い違いを見ると、この差を単なる男女差によるものとするのは無理がありそうです。
 そこで、「やらなくなるまでの年数が、性別、レート、年齢の3つにどれくらい関係しているか」を調べたところ、性別は関係がなく、レートと年齢が強く関係している(低レート、高齢ほどやらなくなりやすい)という結果になりました[*]。男女差のように見えた差が、実は別の要因による差だったという訳です。
 さて、上達しやすさにも継続力にも男女差が見られないとなると、他に原因として考えられるのは、始めた時の棋力の違いです。

最初の棋力が違う?

 初期レート(=十分に対局をして初めて付いたレート)を始めた時の棋力と見て、6~12歳のプレイヤの初期レートを調べたところ、男性の方が110~200ほど高いという結果が出ました[*]。これだけ見ると、初期レートの差は男女の違いからくるのではないかと思ってしまいます。ですがこの論文ではさらに踏み込み、レート差が能力の男女差ではなく、男性の割合が相当に大きいことに因るのではと考え、プレイヤの男女比と初期レートの差に関係があるかを分析しました。
 実験に使っているデータベースには郵便番号も記録されているので、同じ地域に住んでいるプレイヤでグループを作り、そのグループの男女比と初期レートの差を調べたところ、面白い結果が出ました。

chess_danjo
図 男女比とレート差の関係 [*]より引用

 上図は、横軸がグループの男女比で、値が大きくなるほど女性の比率が高くなり、縦軸が男女の初期レート差で、値が大きくなるほど男性の方がレートが高い地域であることを示します。この図から、女性の比率が50%を超える地域では、初期レートに男女差が無い事がわかります。つまり、一見男女差が原因に見えた初期レートの差は、女性が少数派である地域だったことが原因だと言える訳です。そして、少数派である事が女性のパフォーマンスを制限している可能性が考えられます[*]。
 この結果は非常に興味深いです。将棋の大会は大抵男性の割合がとても多いので、同様の事が起きている可能性は十分考えられます。となると、女性が参加しやすい大会にすることが、この男女差の解消には効果的なのかもしれません。

まとめ

 この論文では、分かった事として

  • 年齢、対局頻度を統制してもレートには男女差が存在すること
  • 能力や継続力には男女差がないこと
  • 大会に出始めた時の棋力に男女差があること
  • 大会での女性率が50%を超える地域では初期レートに違いが無かったこと

の4つを上げ、結論として

  • 棋力に男女差があるのは、女性が初心者・級位者大会にあまり参加しないため

としており、女性が大会にあまり参加しない理由を解明する事が今後の研究課題だとしています[*]。
 これをそのまま将棋に当てはめると、男女差は能力の違いに拠るものではなく、普及と女性が参加しやすい初心者・級位者大会の充実によってこの男女差は解消していけるのではないかと考えられます。意外と普通な結論になった感じですね。
 ただし、チェスには無い将棋の特徴や文化(ex. 対局時間の長さ、文化的な背景など)によって男女差が生じている可能性はありますが、これらは日本で将棋を対象に研究しないと分からない課題なので、そのような研究が行われることを期待しましょう。

おわりに

 今回は一論文を取り上げ、棋力の男女差について考えてみました。個人的には意外かつ興味深い結果で、またこのような客観的な分析が出来るだけのデータがあるのをちょっとうらやましく思いました(日本将棋連盟様、何とかなりませんか)。やはりデータを使った客観的な分析は説得力があり強いです。
 論文紹介のようないささか堅苦しい内容になってしまいましたが、少しでも興味を持ち、面白いと思ってくださる方がいれば幸いです。

将棋ワンストップをご覧いただきありがとうございます。ぜひシェアをお願いします

記事の追記や更新の通知はツイッターで行います。フォローをよろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメント

  1. ひろ(@shogitarou36) より:

    興味深いです!

  2. 匿名 より:

    どこかの記事で男性の前では急に女性が実力を出せなくなると、あったな
    チェスの論文かなにかだな

  3. あなあき より:

    世の中「ヒマ人」が多すぎるなwww

    • 匿名 より:

      いやいや、こういう素朴な疑問から新たな発見が見つかり、誰も考えていなかったことに応用されていくのです。馬鹿にできないんですよ。

  4. 匿名 より:

    将棋でも、囲碁でも、チェスでも、
    文化的背景がなにもなさそうなオンラインゲームでも
    人数は 男 > 女 であることを考えると
    ゲーム好きの発生率の高さこそが男性脳の特徴ではないかな?

    論文はゲームやってる男性とゲームやってる女性(女性の中でも男性脳に近い人達)を比較したら有意差はありませんでしたってこと
    だから本当に差がないかはわからない。
    ランダム抽出した男性とランダム抽出した女性を比較すると有意差があるかもしれない

  5. のじ より:

    http://wired.jp/2015/11/05/male-female-brain-difference/
    男性脳とか女性脳とか違いはないというはなしです。まぁ実際のところはわかりませんが
    本当だとすれば親の男子たるものこうあるべき、女子たるものこうあるべきといった考えや身体的に違いがあるから頭脳も違うだろうという思い込みや環境から
    子供の時興味を持つ対象に変化が出て大勢の傾向として出てくるのではないでしょうか

  6. 匿名 より:

    テレビやラジオ番組のコーナーでちょっとしたゲーム(頭脳ゲームに限りません)をやらせると、
    男性はゲームを楽しみますが、女性はきゃーきゃー言うのが優先で
    まともにゲームを進行しないことが多いように思います。
    ちゃんと数を数えたり統計をとったわけではない、完全に私の偏見ですが、
    「ゲームにどれほど集中して取り組むか」は男女差があるように思います。

  7. 匿名 より:

    これはレーティングが付くほど、それなりにチェスやってる男性とチェスやってる女性の比較。だから本当に差がないかはわからない。
    理数系を専攻した男女の数学平均点は同じだったが、全校生徒の数学平均を出すと男>女だったというパターンがありえる。

    女性比率が50%を超える地域では男女差がないというところも、
    なぜ、女性比率が50%を超えたのか原因が気になる
    有名な先生が女子チェス教室を開いてたとか。女子チェスの強豪校があって周辺地域から、有力選手があつまってたとか。

  8. 数学好きな物理屋 より:

    どーでもいい

  9. 匿名 より:

    こういう話もあるようです

    才能が必要と考えられている分野ほど女性研究者の比率が低い
    http://d.hatena.ne.jp/yuiami/20150205/1423097407
    cf. http://www.sciencemag.org/content/347/6219/262.short

  10. 匿名 より:

    どーでもいいとか言ってる奴は何でわざわざこんなとこまで来てコメントしてるんだよ…

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。