漫画「ハチワンダイバー」がパチンコ化し「CRハチワンダイバー」に。リーチで「王手!」か

柴田ヨクサルさん作で、鈴木大介八段が将棋監修した漫画「ハチワンダイバー」が、「CRハチワンダイバー」としてパチンコになるようです。複数のパチンコ情報サイトが「検定通過情報」として伝えています。

製造・販売は、タイヨーエレック(セガサミーホールディングスの子会社であるサミーのさらに子会社)です。

あらすじ

ハチワンダイバーは、プロ棋士の道を挫折した主人公の元奨励会員が、賭け将棋を専門とする「真剣師」になっていくというストーリー。(注:私の記憶はあいまい)

メイドコスプレの「アキバの受け師」と呼ばれる女性や、将棋がメッチャ強いホームレス、悪の集団的なグループの手先といった個性的なキャラクターが登場して、主人公と対決していきます。

2006年から2014年に週刊ヤングジャンプで連載され、溝端淳平さん(主人公・菅田健太郎)、仲里依紗さん(アキバの受け師こと中静そよ)でテレビドラマ化もされています。

仲里依紗さんのメイドコスプレが似合っていた記憶があります。

リーチで王手!とかいう妄想

お伝えできることは、以上です。

私はパチンコはやりませんのでよくわからないんですが、普通パチンコの画面に出てくるのって、実写の動画ではなくアニメだったと思います。専用の声優さんが起用されるのでしょうか。ドラマは2008年なのでもう7年も前の映像を流すんですかね。パチンコ業界を勉強しておけばよかったです。

本当に素人の妄想で申し訳ないんですが、たぶんリーチになったらアキバの受け師さんが「王手!」とか言うのでしょうね。確変に入ったら「王手飛車取り」とかですか。

なお将棋漫画がパチンコになった前例としては「月下の棋士」があります。

以上、ありがとうございました。

将棋ワンストップをご覧いただきありがとうございます。ぜひシェアをお願いします

記事の追記や更新の通知はツイッターで行います。フォローをよろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。