(告知)2月13日、閉店した大阪・新世界の将棋クラブ「王将」が一時開放され、阪田三吉の資料展示が行われます

(普段ここでは告知はしていないのですが、公益性を考慮しまして以下告知し、記事の最後に私(管理人)から少しだけコメントします)

2015年10月25日に投了(閉店)した大阪府大阪市浪速区の「新世界・ジャンジャン横丁」にあった名物将棋クラブ「王将」で、2016年2月13日(土)、建物が一時開放されファン感謝イベント(物品・資料展示、無料)が開催されます。

同クラブにゆかりのあった阪田三吉贈名人・王将の貴重な資料が展示されるとのこと。

「王将」だった店舗は、現在は「王将」だったときの状態を保っていますが、今月中に取り壊されます。「王将」の投了については以下の記事を参照いただければと思います。

老舗将棋クラブ:新世界「王将」投了 ネット普及で客減り…銀も泣いている – 毎日新聞

将棋クラブ王将を改築するのは、株式会社セレクトホールディングスという企業で、現在の建物は老朽化が激しく建築基準法の基準を満たしていないために取り壊わさざるを得ない(リフォーム程度ではダメで、改築が必要)と聞いています。

そこで、この建物に思い出がある将棋ファンや、将棋ファン以外でも大阪の代表的な将棋クラブだった王将の雰囲気に触れたい方向けに、一時的に建物を開放し、あわせて「王将」に残っている物品や、ゆかりのあった阪田三吉贈名人・王将の資料を堺市から借りて展示もするとのことです。

開催概要を掲載します。

イベント名:さよなら王将 改築前の将棋ファン感謝イベント (阪田三吉の虚像と実像・将棋クラブ王将に残る物品の展示)

入場料金:無料
開催日時:2016年2月13日(土)13:00~19:00
開催地:大阪府大阪市浪速区恵美須東3丁目4−9

その他、イベントの内容や現地の写真は以下でご覧ください。

さよなら王将 改築前の将棋ファン感謝イベントを開催いたします | 株式会社セレクトホールディングス | Select HLDGS.

阪東妻三郎や辰巳柳太郎が演じた阪田三吉をモデルにした映画のポスター、阪田三吉の棋譜などが展示されるとのことです。

以上、イベント告知でした。

私は正直「王将」には行ったことないのですが、閉店のニュースは知っていました。先日セレクトホールディングスさんから、取り壊される前に何かイベントができないかと考えているというご相談の連絡があり、その後開催の運びとなったということで告知させていただきました。

「王将」は有名ですね。ガラス戸越しに中の様子が見える外観が特徴です。テレビ番組でも何度か見たことがあります。

あるバラエティ番組である芸人さんが言った言葉が印象に残っています。その芸人さんいわく、

(王将の)中で将棋を指せる人は、お金を持っている方です。お金がない方は、外から(ガラス戸越しに中の様子を)観ている。

僕がジャンジャン横丁を通った時、70歳過ぎぐらいの紳士のおじいちゃんが、上はめっちゃ綺麗なこげ茶色のスーツを着てタイピンしてピッチリ決めていたが、下はブリーフ一丁で、外から観戦していました。

ということですが、今回のイベントは無料で建物の中に入ることができますのでお金がない方も安心して行けると思います。

将棋ワンストップをご覧いただきありがとうございます。ぜひシェアをお願いします

記事の追記や更新の通知はツイッターで行います。フォローをよろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。