2015年度の開始における将棋界の動き。引退棋士、新四段、将棋大賞、駒桜など

4月1日、2015年度が始まったということで、将棋界の動きをまとめてみます。

引退棋士

内藤國雄九段、大島映二七段が前年度中に引退となっています。

加えて、安西勝一六段が4月1日の対局で負け、同日付で引退(フリークラス規定)となりました。

淡路仁茂九段、熊坂学五段も引退となっていますが、敗退していない棋戦が残っており、引退日付・最終対局日は未定となっています。

引退女流棋士

日本将棋連盟からは、植村真理女流三段が引退となりました。

LPSAからは、中倉彰子女流初段の引退が発表されています。今後とも普及活動に取り組むということです。

フリークラス転出

勝又清和六段が宣言によってフリークラスに転出しました。勝又六段は前期、順位戦C級2組で2つ目の降級点がついていました。

3つ目がついて強制的に降級となるより、宣言による転出を選ばれました。こちらのほうが長く現役を続けることができるとの判断によるものだと思います。ただし再び順位戦に復帰することはできません。詳しくはフリークラス規定を御覧ください。

新四段

プロ編入試験を合格した今泉健司四段のほか、三段リーグから青嶋未来四段、梶浦宏孝四段が新四段としてプロとなりました。

新女流2級

中澤沙耶女流2級が誕生しました。

駒桜が解消、会員ページ廃止

事前に告知されていた通り、日本将棋連盟の女流棋士のファンクラブである「駒桜」が解消され、会員ページなどが廃止されるとともに、ツイッターアカウントの表記も変更されています。

第42回将棋大賞

将棋大賞については、itumonさんのツイートが一番わかりやすいので、掲載します。

羽生名人、20回目ですか・・・。

竹俣紅女流2級がブログ開始

竹俣紅女流2級がLINEブログで、ブログを開始しています。

LINEブログは、アーティストやタレント、スポーツ選手、医師・弁護士などのスペシャリストなどが開設できるブログのようです。開設するためにはLINE社の審査があります。

前年度末には、北尾まどか女流二段がLINEブログに移行しています。

宣伝

いきなり宣伝ですが、当サイトでは、棋士のブログ更新情報一覧のページ、女流棋士のブログ更新情報一覧のページがありますので、ぜひご活用ください。

以上、また何かありましたら追記致します。

将棋ワンストップをご覧いただきありがとうございます。ぜひシェアをお願いします

記事の追記や更新の通知はツイッターで行います。フォローをよろしくお願いします!

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    都成竜馬とかいう顔、師匠、実績、すべてに隙が無い最強の三段

    はよ四段に上がって、どうぞ

  2. ひろ より:

    羽生さんは勝者より敗者として名局賞に名前が出ることが多かったようで、つまり羽生さんに熱戦で勝つと名局になる傾向があるようです。

    今回勝者として名局かというのは裏返せば、豊島さんがそれだけ羽生さんを追い詰めたということでしょうか。

    今後も楽しみです。

    • 管理人 管理人 より:

      匿名さん:
      コメントいただきましてありがとうございます。
      都成三段は、お顔が大変よろしいということ以外知識がなかったのですが、谷川先生が師匠だったんですね。
      楽しみですね。情報ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

      ひろさん:
      コメントいただきましてありがとうございます。
      また、羽生名人に関する情報もありがとうございます。

      あの対局はもう一度観てみたいです。難解な終盤だった気がします。
      半年ぐらい前ですか。私、当時より多少棋力があがっているはずなので、あとでもう一度棋譜をみてみます。
      ありがとうございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。